研究開発への取り組み

東北電力グループの研究開発への取り組み

東北電力グループは、中長期ビジョン「よりそうnext」のもと、電力供給事業の構造改革とスマート社会実現事業の早期収益化によるビジネスモデルの転換に通じて、「東北発の新たな時代のスマート社会の実現」に貢献していくこと、また「電力供給とスマート社会の実現」により2050年カーボンニュートラルに挑戦していくことを掲げております。
本研究開発レポートでは、研究開発の視点から上記目標の達成に向けた研究開発の取組みについて、その概要および動向を紹介いたします。

東北電力グループ中長期ビジョン「よりそうnext」

力点1 "Change"
電力供給事業の抜本的変革による競争力の徹底強化
力点2 "Challenge"
スマート社会実現事業の早期収益化への挑戦
力点3 "Create"
企業価値創造を支える経営基盤の進化

カーボンニュートラルチャレンジ2050

CO2排出量の削減
2030年度のCO2排出量について、2013年度実績から半減2050年度カーボンニュートラルの実現(CO2排出量実質ゼロ)を目指します。
再エネと原子力の最大限の活用
2030年以降早期に、200万kWの再エネ開発を目指します。
安全確保を大前提とした原子力発電の早期再稼働を目指すとともに、安定的・効率的な運用の実施を目指します。
火力の脱炭素化
上越火力1号の開発経年火力の休廃止の確実な推進、石炭火力へのバイオマス混焼等に取り組むとともに、脱炭素化に向けた実証を通じて、火力発電の低炭素化・脱炭素化に取り組んでいきます。
電化とスマート社会の実現
電化の推進スマート社会実現事業を通じたエネルギーの効率的利用や分散型エネルギーの活用などにも積極的に取り組み、お客さまや地域のCO2排出削減にも貢献していきます。

2022年2月
東北電力株式会社 研究開発センター

プラグインダウンロード

当ウェブサイトでは一部のコンテンツでAdobeReader及びWindowsMediaPlayerを使用しています。コンテンツをご覧いただくためには、上記プラグインソフトのインストールを必要とする場合があります。

  • Get Adobe Acrobat Reader
  • WindowsMediaPlayer