東北電力グループ カーボンニュートラルチャレンジ2050 東北電力グループ カーボンニュートラルチャレンジ2050

東北電力グループは、S+3Eの確保を大前提に、2050年カーボンニュートラルに挑戦します。
東北電力グループのCO2排出削減を加速するとともに、スマート社会の実現を通じて東北・新潟地域をはじめとしたお客さまの CO2排出削減にも取り組み、地域社会の脱炭素化に貢献してまいります。

※S+3E:安全性を前提に、環境性、経済性、安定供給の同時達成

電力供給とスマート社会の実現でカーボンニュートラルへ挑戦

2030年度におけるCO2削減目標

カーボンニュートラルの実現に向けて、2030年度のCO2排出量について、2013年度実績から半減することを目指します。

CO2排出量

カーボンニュートラル実現に向けて目指す姿

東北電力グループは、クリーンな大規模電源による電力供給と分散型エネルギーやエネルギー利用の効率化を同時に達成した社会の実現を目指します。

再エネと原子力の最大限活用 火力の脱炭素化 電化とスマート社会実現

カーボンニュートラル実現に向けた取り組み

東北電力グループは、「火力電源の脱炭素化」を着実に進めていくことに加えて、「再生可能エネルギーと原子力発電の最大限活用」と「電化とスマート社会実現事業」により、CO2排出削減を加速していきます。

1 再エネと原子力の最大限活用

  • 再生可能エネルギーを最大限活用するため、風力発電を主軸に200万kW開発の早期達成とさらなる拡大を目指します。
  • 原子力については、安全確保を大前提に、地域の皆さまのご理解を得ながら早期再稼働を目指すとともに、稼働率向上に向け取り組んでいきます。
  • 送配電事業では,安定供給の維持と再生可能エネルギー導入拡大を実現するため、電力ネットワークの環境整備を進めていきます。
福島水素エネルギー研究フィールド

当社が出資参画している「ウィンドファームつがる」
(提供:潟Oリーンパワーインベストメント)

2 火力の脱炭素化

  • 脱炭素化に向けた実証・研究の具体的な取り組みとして、「新潟火力発電所における水素/アンモニア混焼実証」、「能代火力発電所におけるブラックペレット混焼の実証」、「再エネ由来水素を活用した火力CO2のメタン変換に関する研究」を進めます。
  • 上越火力1号の開発と経年火力の休廃止を推進します。
新潟火力発電所 5号系列

新潟火力発電所 5号系列

3 電化とスマート社会実現

  • 需要側の脱炭素化に向けて、ヒートポンプを中心に、事業所、工場など法人のお客さまとご家庭のお客さまそれぞれに最適な電化やエネルギーの効率的利用を提案してまいります。
  • ご家庭、事業所、工場など様々なお客さま向けに分散型エネルギー(太陽光・蓄電池、EV、エコキュート等含む)サービスを展開し、分散型エネルギーの普及拡大を進めてまいります。
  • 上記の分散型エネルギーサービスを含め、太陽光・風力などの再生可能エネルギーを束ね、地域のエネルギーの有効活用を図る再エネアグリゲート事業を推進します。(令和3年度経済産業省補助事業「再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」に参画)
充放電設備(EV)の活用

充放電設備(EV)の活用