ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

電化機器をお使いの皆様へ

IHのテクニック集

IHクッキングヒーターを使いこなすための、ちょっとしたコツをご紹介します。マスターすれば、料理がますます快適で楽しくなること間違いなしです。

POINT予熱は中火で、鍋の材質に合ったチェックを

火力の強いIHクッキングヒーターでは、予熱は「中火」が基本。チェック方法は、鍋やフライパンに手をかざし、温かく感じれば予熱は完了です。ほかに、フッ素樹脂加工のものは空焚きせず「水を入れて強火で沸かす」、鉄やステンレス素材の場合は「水をたらしてはじかせる」といった方法があります。

POINT炒め物は鍋をふらずに前後にゆする

IHクッキングヒーターは、炒める時に鍋やフライパンを持ち上げると電源が自動的にOFFになってしまう機種もありますが、トッププレート上で前後にスライドさせれば大丈夫。

POINT鍋やフライパンをずらして部分的な加熱を

トッププレートがフラットなIHクッキングヒーターなら、鍋やフライパンをずらして火力調節することができます。焦げやすい卵料理や、野菜の固い部分を集中的に茹でる時などにとても便利です。

POINTふたを効果的に使っておいしく火を通す

素材にしっかりと火を通すためには「ふた」の使用がおすすめです。鍋やフライパンにぴったり合ったふたを選ぶほか、クッキングペーパーなどを直接素材の上にのせる「落としぶた」など、料理に合わせたふたづかいを覚えておくと便利です。

POINTまるで出来たて。温め直しはグリルが最適

フライなどを温め直す時は、グリルを活用すればより便利です。中温で加熱すれば焦がすことなく、揚げたてのような衣に仕上がります(冷凍品でもOK)。
また、魚の蒲焼きなどパサつきが心配なものは、アルミホイルにのせて少量の水をふって加熱すれば、しっとりとジューシーに仕上がります。

POINTグリルの網もちょっとした工夫で長持ち

汚れがつきにくく手入れしやすいフッ素樹脂加工のグリル網の場合、素材をのせずに空焚きしたり、グラタンなどの器を直接のせると加工が傷む場合があります。予熱する際は網を外し、器はアルミホイルを敷いた上にのせると良いでしょう。

ページTOPへ戻る