ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

高断熱・高気密住宅で省エネ

高断熱・高気密住宅ってなに?

家全体を断熱性能の高い断熱材や窓サッシで包み込み、気密化によって建物の隙間を少なくした住宅です。 快適な室内環境を保ちながら、暖冷房にかかるエネルギーも軽減できる高断熱・高気密住宅は、寒暖の差が激しい東北・新潟で快適生活を実現するために欠かせません。

POINT断熱性とは?

魔法瓶のように保温性能を高める断熱性

断熱性とは、外部と内部の熱が伝わりにくい状態にする性能です。暖房時には、外気温が下がっても室内に冷気が伝わりにくく、室内の熱を外に逃がしません。 住宅の断熱性能はUA値(外皮平均熱貫流率)によって表すことができます。この値が小さいほど、省エネ性能・冷房効率が高くなります。 国で進めている平成25年の省エネルギー基準では、地域ごとにUA値の基準を定めています。

※寒冷地(1〜4地域)は平均日射熱取得率が除外されました。

外皮平均熱貫流率による基準

壁、床、天井及び開口部などからの熱損失の合計を、外皮表面積で除した値です。

POINT気密性とは?

壁・床の継ぎ目のすき間をなくす気密性

気密性とは、空気を室内から室外に漏らさず、逆に室外から室内に入れない性能です。壁や天井、床などの部材の間に生じるすき間を少なくすることで、気密性能を高めることができます。 住宅の気密性能を表す指標は、「相当隙間面積:C値」により表され、数値の少ない方が気密性に優れています。

住宅のすき間は気密測定器を使用して測定します。

TOPICS高断熱・高気密住宅とヒートポンプで省エネ&エコ

住宅を建てる際の目安になるのが住宅の省エネルギー基準です。 平成25年の省エネルギー基準では、住宅性能に加え、暖冷房や給湯などの設備を含めた住宅全体でのエネルギー消費量も評価基準となりました。

これからの住宅は、高断熱・高気密化により住宅性能を高めるとともに、エネルギー効率の良い省エネ型の機器を導入し、住宅全体のエネルギーを削減していくことが必要です。 ヒートポンプ技術を使ったエアコンや給湯器を導入すれば、省エネで環境にやさしい生活が実現できます。

ページTOPへ戻る