ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

高断熱・高気密住宅で省エネ

高断熱・高気密住宅の特徴

断熱性能が低い家と比べると、熱の流入・流出を防ぎ、暖冷房にかかるエネルギーを大幅に削減し、省エネにつながります。 また、家全体の温度差が少なく、結露やカビ・ダニの発生を抑え、住宅そのものの寿命を延ばすことができます。

POINTエネルギー消費量の比較

少ないエネルギーで暖房を行うためには、高い断熱性と気密性が前提となります。 「外皮平均熱貫流率(UA)値」が小さいほど、必要な暖房エネルギーは少なくてすみます。 また、隙間をつくらないようにする気密施工の精度によっても暖房エネルギーを減らすことができます。 断熱・気密の補強改修は、簡単に施すことができないため、新築設計段階での充分な計画が大切です。

POINT室内の温度差によるヒートショック現象

断熱性、気密性の低い住宅では、暖房している部屋とそうでない部屋の温度差が大きくなり、ヒートショック現象が起こりやすいと言われています。 ヒートショック現象とは、冬場、暖かい居間から風呂場などの寒い場所へ移動した際に、急激な温度差によって血圧が急変し、体に大きな負担をかけてしまう症状です。 断熱性を向上させ、部屋間の温度差を小さくすることで、ヒートショック現象を軽減できます。

スマートウェルネス住宅

POINT結露による影響

断熱性・気密性が低い住宅で暖房すると、窓や壁に結露が発生します。 結露により、窓から水滴が流れ落ちて木枠やクロスを腐らせ、やがてそこにシックハウス症候群の原因にもなるカビやダニが付着し、室内が不健康な環境になることがあります。 また、建物が腐食し、住宅の寿命を縮めることにもなりかねません。したがって、温度差のない住宅にすることで健康的に、長期間住むことができます。

ページTOPへ戻る