原子力情報 The information of Nuclear Power

原子力安全・保安院からの指示文書に基づく保守管理不備等の根本原因分析を踏まえた組織的要因等に関する確認結果の報告について

平成22年 7月16日

  当社は、原子力安全・保安院の指示(「中国電力株式会社島根原子力発電所第1号機及び第2号機の保守管理の不備等の最終報告に係る各社への確認について(平成22年6月11日)」)に基づき、中国電力株式会社と同様な問題がないか確認した結果について、本日、原子力安全・保安院に報告しました。

 

  原子力安全・保安院の指示では、中国電力株式会社の最終報告における根本原因分析により明らかとなった原子力部門の業務運営の問題、不適合管理の仕組みの問題および安全文化に関する意識の問題について、各原子炉設置者でも同様な問題がないか確認するよう求められております。

 

  当社は、この指示に基づき確認を行い、別紙のとおり、原子力部門の業務運営については、規制要求事項の状況変化などに伴う重要課題に対して経営レベルでフォローしていく仕組みが整備されていること、不適合管理の仕組みについては、不適合事象が発生した場合、幅広い観点でレビューを行い速やかに対応できる仕組みが整備されていること、および安全文化に関する意識については、社長をトップとしたマネジメント体制のもとで安全文化醸成活動が推進され、継続的に改善する仕組みが整備されていることから、同様な問題はないことを確認しました。

 

  当社では、今後とも、品質保証活動および安全文化醸成活動に継続的に取り組んでいくとともに、原子力発電所の安全・安定運転に努めてまいります。

 

以 上