プレスリリース

東通原子力発電所における協力企業従業員の新型コロナウイルス感染症への感染について

2022年 1月13日

 当社は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた対策を講じておりますが、昨日(1月12日)、東通原子力発電所に勤務する協力企業従業員1名(以下、「当該従業員」)の感染が確認されました。


 これを踏まえ、当該従業員が利用していた執務場所を消毒するとともに、接触のあった発電所関係者へ自宅待機を指示しております。

 

 なお、東通原子力発電所の運営に必要な要員は確保されており、影響はありません。

 

 地域の皆さまをはじめ、関係機関の皆さまにご心配をお掛けし、お詫び申し上げます。

 

 当社においては、新型コロナウイルスの感染防止対策を実施しており、所管する保健所等の関係機関と連携を図りながら、引き続き、感染拡大の防止に努めてまいります。

以 上



「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」 印刷用PDF
←← 東北電力トップページ ← 元のページへ戻る