ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌
  • エネルギーひろば
  • 東北電力しごと図鑑
  • 電気の旅
  • 電気をつくる
  • 電気をおくる
  • 家庭の電気
  • 電気のふしぎQ&A
  • でんき歴史見聞録
  • 実験・工作ランド
  • マカプゥルーム
  • 発電所・PR館を見に行こう!
  • エネルギー出前講座
  • ビデオライブラリー
  • お問い合わせはコチラ

わくわく電気実験 フルーツ電池

用意するもの

実験ムービー「フルーツ電池をつくろう」 「フルーツ電池をつくろう」動画を再生する 実験方法をプリントする
保護者の方へ

実験のやり方

1.レモンを立てるプラコップを用意する

はさみやカッターで真ん中あたりを切る。※手を切らない様に軍手を着用します。

レモンを安定させるために、
プラコップを切って台を作りましょう。
用意したプラスチックのコップを
半分の大きさにカットします。

2.レモンを切る

レモンを切る

レモンの上(3分の1くらい)をカッターで切りましょう。

3.2のレモンを1のコップにのせる

2のレモンを1のコップにのせる

3個用意しましょう。

4.銅板と亜鉛板をさしこむ

銅板と亜鉛板をさしこむ

レモンにカッターで切れ目を入れ、
銅板と亜鉛板をさしこみます。

5.リード線とLEDをつなぐ

リード線とLEDをつなぐ

●まずはじめに、LEDの短い方の足と1のレモンの亜鉛板をつなぎます。

※LEDは、あしの長い方がプラス(+)極、短い方がマイナス(-)極になります。つなぎ方をまちがえると、発光しません。

あしの長い方がプラス(+)極、短い方がマイナス(-)極になります。

1のレモンの銅板と2のレモンの亜鉛板をつなぎます。

●次に、1のレモンの銅板と2のレモンの亜鉛板をつなぎます。

2のレモンの銅板と3のレモンの亜鉛板をつなぎます。

●続いて、2のレモンの銅板と3のレモンの亜鉛板をつなぎます。

3のレモンの銅板とLEDの長い方の足をつなぐと、LEDが点灯します!

●最後に、3のレモンの銅板とLEDの長い方の足をつなぐと、LEDが点灯します!

6.LEDが光る

LEDが光る

レモンが電池と同じはたらきをして、LEDが光ります。

フルーツで電気が流れるしくみ レモンの果汁が、電池の中に入っている「電解液」という液体と同じはたらきをするため、フルーツで電池ができるのです。※電解液:プラス極とマイナス極の電気の通り道の役目をしています。
もくじにもどる