• 電気の旅
  • 電気をつくる
  • 電気をおくる
  • 家庭の電気
  • 電気のふしぎQ&A
  • でんき歴史見聞録
  • 発電所・PR館を見に行こう!
  • エネルギー出前講座
  • お問い合わせはコチラ

電気が生まれるしくみを知ろう

電気の正体はなに?

原子核のまわりをまわる電子

わたしたちの体、動物、空気、水など、世の中のすべてのものは「げん」でできています。
げんこうぞうは、なかにプラスの電気を持った「げんかく」があり、そのまわりをマイナスの電気を持った「でん」が飛び回っています。
このでんが、なんらかの力を受けて移動すると「でんの流れ(でんりゅう)」が生まれて、それが電気になります。

電気はどうやってつくられるの?

電気は、磁石とコイル(うずまき状に巻いた金属の線)を使ってつくります。

電気は、しゃくとコイル(うずまき状に巻いたきんぞくの線)を使ってつくります。コイルとコイルの間でしゃくを回すと、でんの流れができて、コイルにでんりゅうが流れます。これを“でんゆうどう”といいます。

自転車のライトも同じしくみです。

自転車のライトも同じしくみです。
タイヤの回転に合わせてしゃくを回すことで、
コイルに電気が流れます。

発電所では、タービンという大きな回転機を使って磁石を回します。

このしくみをだいにしたのが発電所です。
発電所では、タービンという大きなかいてんを使ってしゃくを回します。
じょうなどの力でタービンを回して電気をつくっています。

東北電力の主な発電所を見る
  • 「電気の旅」もくじ