非常時でも診療継続を―電化クリニック最前線

  • 印刷
  • Facebook
  • Twitter

医療・福祉の”継続と質”にこだわった施設づくり。
注目の新療法を加えた、医療・高齢者福祉の複合施設。
非常時も診療を継続するためにオール電化へ大転換。

「たんぽぽクリニック」は有床診療所やデイサービスセンター、サービス付き高齢者向け住宅などを備えた医療・福祉の複合施設です。
同クリニックでは、がん治療と緩和ケアの新療法「温熱療法」を導入するなど、質の高い医療・福祉サービスを総合的に提供しています。
2016年4月の移転新築では工事途中で「オール電化」へ大転換しましたが、そこには、東日本大震災で導き出された医療機関としての「3つの使命」がありました。

たんぽぽクリニック
(宮城県仙台市)

導入システム

  • ●ヒートポンプ給湯

    投入電気エネルギーの約3倍の熱エネルギーが得られるヒートポンプ給湯システム。
    大気の熱を汲み上げてゆっくりお湯を沸かすことで、肌や髪に優しい良質なお湯を患者さんにご提供。
    大量にお湯を使う施設において、高い省エネ効果を発揮。

  • ●電化厨房

    誰が作っても手早く、美味しい出来上がり。
    「パリオクッキングセンター」と「スチームコンベクションオーブン」で8割の調理が可能となり、その結果、厨房のコンパクト化を実現。
    厨房スタッフの負担が軽減され、患者さんに合わせたきめ細かな食事対応が可能に。

資料で詳しく説明しています今すぐ無料ダウンロード 資料イメージ その他のソリューション資料もご紹介しています。
その他の
ソリューション
電化厨房 火力の強さが命の中華料理の厨房を「電化」。実際の使用感を交えた導入事例など。 資料はこちら
通信速度 あなたの職場の通信環境、見直しませんか?通信環境の見直し、通信費の削減など。 資料はこちら
関連情報
福祉施設への電化システム導入事例はこちら
電化システム導入施設のご案内ー特別養護老人ホーム 雙葉苑(青森県)
電化システム導入施設のご案内ーサンシャイン大森(山形県)
電化システム導入施設のご案内ー盲特別養護老人ホーム 和合荘(山形県)

こちらのフォームより、今すぐダウンロード