<東北エネルギーサービス>電力の可視化により事業の計画的な進捗を支援します

  • 印刷
  • Facebook
  • Twitter

事業の継続性と損失リスクに備えるために

ビジネスで活用される電力を見直す際には、現時点で把握される電力コスト以外にも予期せぬ自然災害やトラブルなどを想定し、事業の継続性やリスク対策も考慮して計画的な見直しを図る必要があります。

東日本大震災をはじめとした大規模自然災害を経験した東北電力グループだからこそ提案できる、事業の継続性とリスクマネジメントを視野に入れた賢い電力活用法をご紹介します。

事業の継続的な遂行のためには、業務に必要な資源の配分を適正に管理し、そのコストをコントロールすることが求められます。燃料費が需給バランスにより変動しがちな昨今、電力消費量の見える化は省エネ・省コストへの欠かせぬ第一歩となり、皆さまの事業計画のスムーズな進捗を支えるリスクヘッジとなります。

東北エネルギーサービスでは、空調・照明・生産設備などの電気使用状況を見える化する省エネ管理システム「Look Energy」、センサー・制御機器と連携してお客さまに最適なエネルギー管理を実現するエネルギーマネジメントシステム「Enable・I」を提案し、エネルギーコストの削減から電力を有効に活用する業務改善プランまで幅広く提案しています。

省エネ推進のために設備投資計画を見直したいお客さまには、「登録エネマネ事業者」および「二酸化炭素削減ポテンシャル診断機関」として各種補助金の活用をお手伝いさせていただきます。また、東北電力グループのネットワークを活かして、毎月一定額の受託サービス料金のお支払いで設備の設計・設置から保守・メンテナンスまで一貫したサービスをワンストップで提供する設備受託サービスをお勧めしています。

ESCO(Energy Service Company)事業者として、省エネに関する包括的なサービスを提供し、それまでの職場環境を低下させることなく省エネを実現し、その効果を保証する東北エネルギーサービスは、エネルギーの見える化により皆さまの事業の計画的な運用をお手伝いさせていただきます。

【関連記事】
EMSや省エネ設備の導入;エネマネ事業者の活用でイニシャルコストを低減 −東北エネルギーサービス−