<東北エネルギーサービス>EMSや省エネ設備の導入;エネマネ事業者の活用でイニシャルコストを低減

  • 印刷
  • Facebook
  • Twitter

コスト削減を実現するヒント

デマンドコントロールや高効率な設備更新による効率的なエネルギー活用は、お客さまの負担軽減やコスト削減を推進します。
東北電力グループは、皆さまの事業活動のあらゆるフェーズにて「賢い省エネ・省コスト」をご提案しています。

省エネ、省コストの推進に、エネルギーの見える化があります。月ごとのエネルギー消費量を正確に把握し、設備や機器ごとに効率的な活用を進めていくことが可能になります。

21.3%の省エネ率を達成−

岩手県のある商業施設では、高効率な空調設備の設置と蛍光灯からLED照明への切り換えに加え、高度なデマンド予測プログラムを実装したEMSを導入し、照明の調光と空調の間欠運転によるデマンド制御を行いました。その結果、21.3%の省エネ率を達成しています。

東北エネルギーサービスは、東北電力グループのESCO(Energy Service Company)事業を推進する役割を担い、省エネに関する包括的なサービスの開発・提供により、お客さまの省エネの推進と効果を保証するお手伝いをしています。

EMSおよび省エネ設備の導入にあたっては、お客さまの初期費用負担を抑えるさまざまなプランをご提案しています。

東北エネルギーサービスからのご提案
  • 「登録エネマネ事業者」である当社をご活用されることにより、省エネ設備導入時に「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」の補助率を1/3から1/2に引き上げることが可能です。
  • 環境省「二酸化炭素削減ポテンシャル診断機関」の採択も受けていますので、各種補助金を活用して設備導入コストを抑えます。
  • 設備の導入・運営に関わるコストを毎月一定額のお支払いに分散させる設備受託サービスもご提供しています。お客さまに代わって東北エネルギーサービスが設備を設置・所有し合わせて保守まで一貫して請け負うことにより、高額になりがちなイニシャルコストを抑え、常に健全な設備での運用が可能です。

ESCO事業者である東北エネルギーサービスの願いは、お客さまが効率的なエネルギーの活用を推進されることにあります。東北電力グループが連携し、ワンストップで皆さまのあらゆる省エネ・省コストの課題にお応えさせていただきますので、お気軽にご活用ください。

【関連記事】
電力の可視化により事業の計画的な進捗を支援します −東北エネルギーサービス−