<東北自然エネルギー>サスティナブルな地域社会を目指して誕生したTOUSEC

  • 印刷
  • Facebook
  • Twitter
「自然由来電力」。
東北自然エネルギー株式会社(TOUSEC)は、再生可能エネルギーだけで発電する東北電力グループの新ブランドです。

「水・地・風・光」。
私たちは、水力発電・地熱発電・風力発電・太陽光発電を有する、日本で唯一の企業です。
日々24時間、自然エネルギーのベストミックスをめざし、東北6県および新潟県各地に根ざした発電事業所を通じて最も効率のよい発電をマネジメントしています。

TOUSEC設立の想いー『地元とともに、自然由来電力を創り育てる』

−サスティナブルな地域社会をめざして−

地域の再生可能エネルギーの開発・運営に関するさまざまなニーズにお応えするため、東北電力企業グループにおける再生可能エネルギー事業の中核会社として、旧来から実施していた水力、地熱、風力および太陽光の4事業会社を統合し、2015(平成27)年7月に発足しました。

自然由来の電力を安定的に創り続けるだけでなく、新たな電源の開発などを通じて、将来にわたって持続可能な地域社会の形成へ貢献してまいります。

−資源の有効活用と地域発展への貢献−

東北および新潟県の各地において計25か所、約15万キロワットの発電設備と計2か所の地熱発電用蒸気基地を保有しています。

さらに、調査から開発、建設、運転・保守を一貫して行う再生可能エネルギーの専門会社としての強みを活かし、新規プロジェクトの調査・開発に積極的に取り組んでおります。

−TOUSECの取り組み<新規プロジェクト>−

山形県内・・・
小国町における玉川第二発電所(水力)の建設
秋田県内・・・
木地山・下の岱地域における地熱発電資源調査
秋田港および能代港における洋上風力発電の開発可能性調査への参画
福島県内・・・
福島県阿武隈地域における風力発電の開発可能性調査への参画

わたしたちTOUSECは、これまでも、そして、これからも地元の皆さまのご理解とご協力をいただきながら、東北および新潟の豊かな自然の恵みを分かち合い、共に自然由来の電力を創り育てていきたいという社員一人ひとりの思いのもと、地域の発展に貢献してまいります。

TOUSECの事業

水力発電 〜久遠の流れの水音を聞き最大のエネルギーに換える〜

水力発電 〜久遠の流れの水音を聞き最大のエネルギーに換える〜

地熱発電 〜地海に眠る秘めたるエネルギーを解放する〜

地熱発電 〜地海に眠る秘めたるエネルギーを解放する〜

風力発電 〜海洋をわたる風を人知で最大限活かす〜

風力発電 〜海洋をわたる風を人知で最大限活かす〜

太陽光発電 〜抗えない自然の中で天空からのエネルギーを産み出す〜

太陽光発電 〜抗えない自然の中で天空からのエネルギーを産み出す〜

〜東北自然エネルギーの再エネにかける思い〜

〜東北自然エネルギーの再エネにかける思い〜 TOUSECのウェブサイトへ