CSR(企業の社会的責任)への取り組み

企業倫理・法令の遵守

東北電力グループ行動指針(2020年2月改定)

東北電力グループ行動指針(2020年2月)PDFファイル

 私たちは,「地域社会との共栄」の経営理念と「より、そう、ちから。」のグループスローガンのもと,お客さまと地域によりそいながら,エネルギーを中心としたサービスの提供等を通じてスマート社会の実現に取り組むことで,社会の持続的発展とともに成長します。

 そのためにも,従業員一人ひとりが,公益事業を担う強い使命感とスマート社会の創造者としての覚悟を持ち,自分たちの業務の先にあるお客さまや地域を想いながら,前例のない挑戦を行い,変革を推し進めます。

 また,事業活動の基盤はお客さまや社会との信頼にあることを強く自覚し,従業員一人ひとりが,揺るぎない倫理観と企業倫理・法令への確固とした認識や知識を持って,これを遵守するだけでなく,東北電力グループとして一丸となり,不適切な事象を発生させない・見過ごさない・適切な情報公開を行うという企業風土を一層強固なものへとしていきます。

 このような認識に立ち,以下の「行動原則」および「行動指針」に従って行動し,お客さま,地域の方々,株主・投資家の皆さま,お取引先の方々,従業員などとの強い信頼関係を築き上げながら,東北電力グループだからこそできる“よりそう”価値を創造していきます。

行動原則
1.スマート社会実現に資するサービス等の提供

安全確保を最優先に,暮らしの満足や事業活動を支える低廉なエネルギーの安定供給を中心として,お客さまが快適・安全・安心な生活空間を手にできるスマート社会の実現に資するサービス等を提供します。

2.地域とともに

地域に寄り添いながら地域課題解決に資する取り組みを進めることで,地域の持続的な発展に貢献するとともに,地域社会の一員として地域との協調を図ります。

3.企業倫理・法令遵守の徹底

すべての事業活動において,関係する法令と法の精神の遵守を徹底することはもとより,常に企業倫理を徹底します。

4.環境への配慮

企業グループの事業活動が持続可能な社会の形成に深く関わっているとの認識に立ち,地球温暖化問題や環境保全等に積極的に取り組みます。

5.透明な事業活動の推進

社会の方々との幅広く円滑なコミュニケーションと情報開示を行い,透明性の高い開かれた事業活動を推進します。

6.個人の尊重と風通しの良い活力ある企業風土づくり

従業員一人ひとりの人格,個性を尊重し,お互いに連携し,自由活発な意見が交わされる風通しの良い活力ある企業風土づくりを推進します。

行動指針