事業所紹介

遠野電力センター

送配電業務を担う事業所
配電業務のサービスエリア 遠野市(一部を除く)、花巻市(東和町立石、東和町野金山)、気仙郡住田町(世田米小股の一部)
住所 〒028-0527 遠野市大工町3番34号
業務 送配電設備の保守・運用、電力量計(メーター)の検針、系統連系(高圧)にかかわる各種お申込み受付

お引越し、アンペア変更、停電、電気設備に関するお問い合わせはコールセンターまでご連絡ください

 遠野電力センターは、岩手県南東部の内陸に位置しており、平成17年10月に旧「遠野市」と旧「宮守村」が合併した新「遠野市」を管轄しております。
 遠野市は、岩手県を縦断する北上山地に広がる盆地の町で、藩政時代には遠野南部藩1万2千石の城下町として栄え、現在でも穀町・大工町・材木町・六日町という地名が残っております。柳田国男の「遠野物語」でも有名で、「カッパ」や「ザシキワラシ」などが出てくる民話が伝わる「民話のふるさと」として毎年多くの観光客が訪れております。
 遠野地域は、ビールの原材料であるホップの産地としても有名で、そのホップを使用したビールは全国で販売されているほか、地ビール作りもおこなわれております。
また、ジンギスカンも有名で、穴の開いた金属製のバケツの中に固形燃料を入れ、ジンギスカン鍋を置き、肉を焼いて食べるのが遠野スタイルとなっております。
 遠野電力センターのある遠野市大工町通りは、地域風土に根ざした住まい・街づくりをめざした「遠野市HOPE計画(地域住宅計画:Housing with Proer Environment)」を基に大工町の名にふさわしい和風の街並づくりをいたしました。当事業所も地域の一員として計画に協力し、昭和63年に建物の改造をおこない、城下町にふさわしい和風のたたずまいとなっております。

  • 遠野電力センター

    遠野電力センター

  • 緑のカーテンで育ったホップ

    緑のカーテンで育ったホップ

  • ジンギスカン

    ジンギスカン

  •  


↑ページトップへ戻る