事業所紹介

能代電力センター

送配電業務を担う事業所
配電業務のサービスエリア 能代市、山本郡、南秋田郡(大潟村の一部)
住所 〒016-0816 能代市富町4番36号
業務 送配電設備の保守・運用、電力量計(メーター)の検針、系統連系(高圧)にかかわる各種お申込み受付

お引越し、アンペア変更、停電、電気設備に関するお問い合わせはコールセンターまでご連絡ください

 能代電力センターは、秋田県の北西部に位置し、北に世界遺産として知られる白神山地、西に白い波頭がまぶしい日本海、中央には米代川沿いの平野が広がる、自然豊かな能代山本地区の1市3町を営業エリアとしております。
 能代市は、北前船など古くから日本海交易の要衝として、また秋田杉の集積地として栄え、近代においては東洋一の木都とうたわれ、木材加工技術を駆使する近代的な木材工業基地へ生まれ変わろうとしています。また、能代工業高校バスケットボール部はインターハイで58回も優勝するなど全国にその名をとどろかせた強豪校であり、バスケットボールは能代市民の生活の一部となっております。夏には「能代の花火」「天空の不夜城」「おなごりフェスティバル」などのイベントが盛りだくさんにあり、多くの観光客が訪れます。
 能代市は再生可能エネルギーの積極的な導入を進め、能代火力発電所をはじめ陸上風力を中心とした“エネルギーのまち”として発展しつつあります。最近では洋上風力発電導入に向けた実証事業や具体的な導入計画が示されるなど動きが活発になっている他、水素を使った水素社会の実現に向けた取り組みも進められています。
 北のロマンと、躍動(スポーツ)と温もり(木都)の街、能代市で電力センター所員一同、地域のお客さまに安定した電気をお届けすることを第一に日々業務に取り組んでおりますので、今回のアクセスを機会に電気に関するご相談等をお気軽にお申し付けください。

  • 能代電力センター

    能代電力センター

  • おなごりフェスティバル:「青森ねぶた」

    おなごりフェスティバル:
    「青森ねぶた」

  • 世界遺産:「白神山地」

    世界遺産:「白神山地」

  • 天空の不夜城:「愛李(ちかすえ)」

    天空の不夜城:「愛李(ちかすえ)」
    高さ24.1mは日本一。


↑ページトップへ戻る