気象情報

雷が電気に与える影響 〜瞬時電圧低下〜

 雷は非常に大きなエネルギーをもっているため、送電線などに落雷があった場合、送電線がショートすることがあり、大量の電流が流れてしまいます。そのままにしておくと電気を送るための設備が壊れてしまうため、ショートをただちに検出して、ショート箇所への電流をしゃ断することで被害を防いでいます。
 いかに早くショートを検出し電流をしゃ断しても、ショートしている時間は存在し、停電までに至らなくても短い間(0.07秒〜2秒程度)電圧が低下します。この短時間の電圧低下を瞬時電圧低下といいます。
 送電線は厳しい自然にさらされており、架空地線や避雷器などの対策を行っていますが、電力会社側の設備で瞬時電圧低下を完全に防ぐことは困難です。

マカプゥ 瞬時電圧低下による影響を最小限に抑えるにはどうすればよいのでしょうか?
 お客さま自身でご使用の機器が、瞬時電圧低下によってどんな影響を受けるかを把握され、費用対効果や優先順位を見極めたうえで対策を講ずることが大切かと思われます。

瞬時電圧低下の対策例

設備 対策例
コンピュータ機器 無停電電源装置(UPS、CVCF)を設置する。
マグネットスイッチを使用している機器 瞬時電圧低下時のマグネットスイッチの開放時間を遅らせる。※1
サイリスタ等を使用している可変速モータ モータの制御機能を電圧低下時はロック状態とし、電圧復帰後、自動的に正常運転に戻す。※1

※1 この対策を行うと瞬時電圧低下の影響を受けても機器の運転は継続するため、製品および機器保護面に影響を及ぼさないか十分な検討が必要かと思われます。