ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

東北の人と文化

第1集「漆のふるさと」

第1集「漆のふるさと」

古代から漆と深く関わってきた東北の人々。各地で漆を使った縄文晩期の工芸品が発掘されているほか、中尊寺金色堂には蒔絵や螺鈿など華麗な漆工芸品が保存されています。この映画では、東北の高度な漆文化や珍しい伝統技術を紹介するとともに、会津の花塗り、津軽塗り川連漆器、村上堆朱といった特色ある漆工芸をピックアップ。東北の漆文化の豊かさが伝わってきます。

企画・制作●東北電力、東北映画・青銅プロダクション

上映時間●VHS/30分

制作年●1985年

←前のページへ戻る

第2集「北の仏」

第2集「北の仏」

東北各地にまつられている小金銅仏や薬師如来、観音菩薩、阿弥陀如来などを丹念に紹介した映画です。船形山神社の小金銅仏(宮城県大和町)や慈恩寺の阿弥陀如来座像(山形・寒河江市)、陸奥国分寺の十二神将(宮城県仙台市)、平泉文化を代表する中尊寺金色堂(岩手県平泉町)など、古代の仏像を分かりやすく解説。東北の仏教文化のあけぼのを知る手がかりになります

企画・制作●東北電力、東北映画・青銅プロダクション

上映時間●VHS/30分

制作年●1986年

←前のページへ戻る

第3集 窯炎 -東北の陶磁器-

第3集  窯炎 -東北の陶磁器-

東北に残る古い陶磁器や現代の窯にスポットをあて、その歴史と卓越した技に迫った作品です。東北最古の窯である相馬の田代窯、大正時代の窯を最後に絶えた宮城の切込焼、陶器と磁器の2つの系統を持つ会津本郷焼、佐渡金山から採れた赤土で作る無名異焼などを紹介しながら、厳しい環境にあっても窯の炎を守り技術を伝えていこうとする陶工たちの姿を描いています。

企画・制作●東北電力、東北映画・青銅プロダクション

上映時間●VHS/30分

制作年●1987年

←前のページへ戻る

第4集「染と織」

第4集「染と織」

東北には、厳しい風土の中で育まれてきた「染」と「織」が、今も連綿と受け継がれています。この映画では、青森の津軽こぎん刺し、宮城の正藍染、秋田の古代かづの紫根染・茜染、岩手の南部古代型染、福島のからむし織、山形の関川しな織、新潟の小千谷縮など、東北7県に伝えられてきた染物や織物の数々を紹介。技術のすばらしさと職人のこだわりが伝わってきます。

企画・制作●東北電力、東北映画・青銅プロダクション

上映時間●VHS/35分

制作年●1988年

←前のページへ戻る

第5集「農の祈り」

第5集「農の祈り」

豊かな実りを祈って、農作業の節目ごとに行なわれてきたムラの神事。予祝行事の田遊びに始まり、農耕に先立って田の神の魂を和らげる田楽、祖先の霊を慰め秋の豊作を祈る盆踊り、山に帰る神に収穫を感謝する刈り上げ祭りまで、人々は折にふれて祈りを捧げてきました。この映画では東北に伝わるこれらの神事を季節に沿って紹介し、豊穣と繁栄を願う農民の“心”を描いています。

企画・制作●東北電力、東北映画・青銅プロダクション

上映時間●VHS/30分

制作年●1989年

←前のページへ戻る

第5集(長編版)「稲と心-東北の農事信仰-」

第5集(長編版)「稲と心-東北の農事信仰-」

東北各地に今も受け継がれる農事信仰。神と人が実りを喜んで共に舞う神楽、豊作を予祝する田植え踊り、害虫から作物を守ってもらう虫送り、悪霊退散と豊穣を祈って作られる鹿島様など、私たちの祖先は季節や農作業の節目ごとに神々に祈りを捧げてきました。この映画では、東北のさまざまな芸能や神事を紹介し、それらに託された農民の願いを探っています。

企画・制作●東北電力、東北映画・青銅プロダクション

上映時間●VHS/54分

制作年●1989年

←前のページへ戻る

第6集 木

第6集 木

ブナやナラ、杉、ヒバなどに恵まれた東北の山々。人々はその恩恵に包まれ、産業だけでなく、木を祀る信仰や、木の特性を活かした建築など、独特の文化を育んできました。時代とともに木と人との関わりは減りましたが、今、木の温もりや特性が改めて見直されてきています。この映画では、木と人間の深い結びつきに焦点を当て、共存していくことの大切さを語りかけています。

企画・制作●東北電力、東北映画・青銅プロダクション

上映時間●VHS/30分

制作年●1990年

←前のページへ戻る

縄文の祈り

縄文の祈り

遺跡や出土品の発見によって、高度な文化の存在が次々と明らかになってきている縄文時代。縄文人は、大湯環状列石のような縄文の広場で、死者への鎮魂や自然への感謝、病気や天災除けの祈祷など、多様な祈りを捧げたと考えられています。このビデオでは、東北で出土した土偶や土製仮面、漆製品などを解説しながら、これらに込められた縄文人の「祈り」と「こころ」を探ります。

企画・制作●東北電力、映像企画

上映時間●VHS/25分

制作年●2000年

←前のページへ戻る

豊穣の縄文

豊穣の縄文

今からおよそ1万2千年前の縄文時代、東北は世界の文明に先駆ける高度な文化を持っていました。三内丸山遺跡などに見られる高度な土木技術、多彩な食生活、漆の技術、美しいアクセサリー・・・。それは、東北の縄文の村々が日常的に交易を行なっていたことも物語っています。このビデオでは、豊かな縄文の世界を紹介し、東北が縄文文化の一大拠点であったことを解き明かしています。

企画・制作●東北電力、映像企画

上映時間●VHS/34分

制作年●2000年

←前のページへ戻る