ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

導入事例紹介

学校給食施設

岩手県 久慈市学校給食センター

水高熱式空調システム/地中熱利用空調システム/地中熱利用空調システム/業務用エコキュート

東北初の蓄熱式蒸気発生器「蒸気源」を採用し快適で、衛生的・効率的なHACCP概念を導入したオール電化施設
内観
「蒸気源」の採用で、環境にやさしく画期的な蒸気供給システムを導入しました。 (加熱能力)27kW × 4台 夜間電力蓄熱式蒸気発生器「蒸気源」

 久慈市学校給食センターでは「衛生管理」や「栄養バランスの取れた献立」の重要性はもちろんのこと「限られた時間内での大量調理」が求められます。この4,000食規模の給食提供で大活躍をしているのが夜間電力蓄熱式蒸気発生器の「蒸気源」です。
 夜間の電気を利用して蓄熱材に熱を蓄え、昼間に水を通すことによって蒸気を発生させ、厨房機器などに蒸気を供給します。燃焼排ガスを発生せず、環境にもやさしい画期的な蒸気供給システムです。

 学校給食施設や病院給食施設、事業所給食施設などの蒸気熱源として、また滅菌装置などの各種蒸気使用機器の蒸気熱源として利用できます。オール電化の給食施設としては東北では最大規模の施設ですが、蓄熱式蒸気発生器「蒸気源」を採用することにより、デマンドの抑制も可能となります。

■電力デマンド低減例
蒸気発生器「蒸気源」で発生させた蒸気は、蒸気回転釜と真空冷却機へ送られる
見取り図 設置機器一覧 主な電化厨房機器 (4,000食対応)

オーナーの視点

作重環境と効率も向上し、管理についてもオール電化システムは最適だと思います。

 施設の老朽化に伴い平成21年6月に移転・新築された久慈市学校給食センターは、計画設計の段階から栄養士や調理員の意見を取り入れ、より作業がしやすく、快適な作業環境となるよう配慮して建設されました。オール電化システムに関しては、直火がなく安全で、快適な作業環境の実現に伴う作業効率の向上、衛生管理の面からも優れているという考えから採用しました。また二酸化炭素の排出が少なく、環境への負荷も抑えられますし、夜間電力の有効活用でランニングコストの軽減も図れるなど施設の維持管理にも優れていると思います。久慈市学校給食センターの給食能力は、4,000食/日で、現在、市内の13の小学校と8つの中学校の児童・生徒の給食を賄っています。今後はこの最新の設備を活用し、子どもたちに安心で安全な給食を届けるとともに、地元の食材を使いながら地産地消にも力を入れていきたいと思います。

久慈市学校給食センター 所長 櫛桁 善一 さま
快適な環境で効率的な作業ができます。
主任学校栄養職員 宇部 順子 さま

 新しい給食センターはHACCPの概念に基づいた衛生管理が行われているので、子どもたちに安全で美味しい給食が提供できると思います。また、作業環境としても、温室はもちろん湿度などもしっかりと管理され、快適に調理をすることができます。その分、より効率的に作業できるのが良いですよね。

子どもたちに「食」の大切さを伝えていきます。
栄養教諭小原 美保子 さま

 「食」に関する指導をする栄養教諭として、子どもたちに食べて欲しいものがたくさんあります。幅広い調理が可能な最新の電化厨房設備だからこそできるメニューもあると思いますので、地元の食材を使った「ふれあい給食」や毎日の給食を通して、子どもたちに「食」の大切さを伝えていきたいと思います。

DATA
  • 久慈市給食センター
  • 所在地:岩手県久慈市小久慈町第39地割2−2
  • ご採用電化設備概要:
       氷蓄熱式空調システム,地中熱利用ヒートポンプ空調システム,夜間電力蓄熱式蒸気発生器「蒸気源」,
       連続炊飯器,スチームコンベクションオーブン,連続フライヤー,業務用エコキュート, 等
  • 延床面積:2,771.47u
  • 調理能力:4,000食/日

ページトップへ

お問い合わせ

お電話の場合はこちら

お客さま本部 法人営業

  • 青森支店017-742-2191(代)
  • 岩手支店019-653-2115(代)
  • 秋田支店018-863-3151(代)
  • 宮城支店022-225-2141(代)
  • 山形支店023-641-1321(代)
  • 福島支店024-522-9151(代)
  • 新潟支店025-223-3151(代)

メールの場合はこちら

お問い合わせ入力フォームへ