ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

導入事例紹介

工場

宮城県女川町 蒲鉾本舗 熕ュ 女川本店 万石の里

IHフライヤー/焼き炉/空調散水システム

かまぼこなどの魚肉練り製品の製造・販売で知られる株式会社熕ュ。2011年9月に女川町に完成した万石工場が、業界初となる生産設備へのオール電化を導入したことで話題となりました。かまぼこの製造工程全般を電気式厨房機器で行う利点について、代表取締役社長の高橋正典さまにお話をうかがいました。

オーナーの視点

電気は地球環境にやさしく、身近で信頼できるエネルギー。工場への導入に迷いはありませんでした。
はじめに、新工場設立にあたり、
生産設備へのオール電化を導入された経緯を教えてください。

理由の一つは、電気が地球環境にやさしいということ。いま問題となっている地球温暖化のおもな原因は二酸化炭素などの温室ガスにあるといわれています。その点、電気は燃焼がないので、二酸化炭素の削減効果が期待できます。もう一つは、ここ女川が電力の町であるということ。東北電力さんの女川原子力発電所があり、電気が身近で信頼できる存在だったので、スムーズに導入を決めました。

実際にどんな電気機器を採用されましたか?

揚げかまぼこを生産するIHフライヤーを3ライン、笹かまぼこを焼く焼き炉を2ラインを導入しました。

株式会社熕ュ 代表取締役社長 高橋 正典  さま
生産設備のオール電化導入により品質が向上。稼働や手入れも簡単で、生産性が以前の4倍にアップしました。
使用されてみてどんなメリットがありましたか?

機器はすべて最新式のものを採用したので、生産性は以前の4倍にアップしました。加えてIHは全体的にムラなく熱が伝わるため品質も安定し、以前は5%あったロス率を2%に削減することができました。また、直火に比べて油の酸化度が遅く、油の消費量を大幅にカットできたこともメリット。地球環境への貢献という意味では、油の廃棄量を抑えることはとても重要ですから。

使用感はいかがですか?

機器はすべてコンピュータ管理のタッチパネルで操作できるのでラクですし、ガス式のように材料が機器にへばりつかないため手入れもしやすくなりました。

IHフライヤーは高効率での加熱を実現するだけでなく、油煙がほとんど出ないため環境にもやさしい
夏場でも快適な環境で働けるので従業員も大喜び。節電効果も高く、良いことづくめです。
作業環境や省エネの面ではいかがですか?

生産設備をオール電化にしたことで、作業環境は大幅に向上しました。以前は直火での発熱で夏場は工場内の気温が50〜60度になっていたのですが、今では28度と一定。社員からはお礼を言われています。その分、冷房の使用頻度も減りましたから、省エネにもつながっていますね。

空調散水システムも導入されたそうですね?

工場完成後、東北電力さんのご提案で工場の屋上に空調散水システムを設置しました。これはエアコンの室外機に水を噴霧することで冷却効果を高めるシステムです。夏場の節電や快適な作業環境づくりには大きく役立っています。

東北電力さんには導入した際の利点、コストや費用対効果などをわかりやすく、真摯にご説明いただきました。メーカー提携による安心感も導入の決め手になりましたね。運用後は夏場の電気代を13%も低減できています。イニシャルコストはかかりましたが、それを補って余りあるメリットがありますので、導入して本当に良かったと感じています。 屋上に並ぶエアコンの室外機に設置された空調散水システム。打ち水効果で省エネ運転を可能に/ノズル部分から室外機のアルミフィンに散水することで冷却し、空調効率を高める仕組み

原材料から吟味して作り上げたこだわりのかまぼこを多くの方に味わっていただきたいですね。
熕ュさんのかまぼこ作りの特徴を教えてください。

原材料となる白身魚を自社で調達し製造する同業者は少ないのですが、私どもでは市場での魚の買い付けから最終製品に至るまでの全過程を一貫して行い、魚本来の味を追求しています。

なかでもおすすめの商品は何ですか?

魚の美味しさを一番シンプルに味わえるのが、プレーンタイプの「笹かまぼこ」と「揚げかまぼこ」。弾力のある歯ごたえや、噛むほどに口の中に広がる風味と旨みをぜひご堪能いただきたいですね。これからもこの工場を基盤に、こだわりのかまぼこを皆様の食卓へお届けしたいと思っています。

工場併設の店舗では、囲炉裏式の電熱調理器で手焼きした焼きたての笹かまぼこを味わうことができる
DATA
  • 蒲鉾本舗 熕ュ 女川本店 万石の里
  • 所在地:宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜浜田21
  • ご採用電化設備概要:IHフライヤー×3ライン、焼き炉
  • HP:http://www.takamasa.net

ページトップへ

お問い合わせ

お電話の場合はこちら

お客さま本部 法人営業

  • 青森支店017-742-2191(代)
  • 岩手支店019-653-2115(代)
  • 秋田支店018-863-3151(代)
  • 宮城支店022-225-2141(代)
  • 山形支店023-641-1321(代)
  • 福島支店024-522-9151(代)
  • 新潟支店025-223-3151(代)

メールの場合はこちら

お問い合わせ入力フォームへ