ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

業種別コンテンツ

農業

ヒートポンプ

ハウスを利用する施設栽培でつくられる作物は,種類,品種によって生育に適した環境が必要です。しかしながら,作物に適した温度・湿度にハウス内を制御するには,従来の暖房設備では限界がありました。
ヒートポンプは省エネで,「暖房」「冷房」「除湿」の機能を兼ね備えており,最適な環境づくりに威力を発揮します。

ヒートポンプを活用できる主な園芸作物

【施設栽培でつくられる園芸作物】

・野菜(トマト,キュウリ,ピーマン,パプリカ,リーフレタス,等)
・花き(バラ,ユリ,アルストロメリア,等)
・果物(イチゴ,メロン,等)
・キノコ(菌床シイタケ,マッシュルーム,等)

施設栽培でつくられる園芸作物

ヒートポンプ活用のメリット

@省エネルギー

ヒートポンプは,燃油暖房機のように燃焼により熱を取り出す設備ではなく,外気の熱も利用するため,少ない投入エネルギーで効率的に暖房することが可能です。

省エネルギー

暖房の例

A運転コスト低減

施設園芸においては,ハイブリッド方式(ヒートポンプと燃油暖房機との併用)が主流となりつつあります。運転コストの安価なヒートポンプを優先運転し,低外気温度に燃油暖房機と併用運転することにより,運転コストの低減がはかられます。

油焚暖房機+ヒートポンプ

B収量と品質の向上

ヒートポンプは暖房だけではなく,夜間冷房・除湿にも活用することで,収量と品質の向上が期待できます。
夏の高温期は夜間に冷房運転を行いハウス内の温度・湿度を調整したり,春や秋の多湿期は除湿運転によりハウス内の湿度を下げることで,病害の発生や感染の抑制がはかられます。

夜間冷房

ページトップへ

お問い合わせ

お電話の場合はこちら

お客さま提案部 法人営業

  • 青森支店017-742-2191(代)
  • 岩手支店019-653-2115(代)
  • 秋田支店018-863-3151(代)
  • 宮城支店022-225-2141(代)
  • 山形支店023-641-1321(代)
  • 福島支店024-522-9151(代)
  • 新潟支店025-223-3151(代)

メールの場合はこちら

お問い合わせ入力フォームへ