宮城県

宮城県 イメージ

温暖な気候。ビジネスに、生活に、何をするにも快適

 宮城県は、夏は涼しく、冬は降雪も少なく東北地方では比較的温暖な地域です。県都である仙台市は商業施設や大学・専門学校が充実し、東北各地から多くの買い物客や学生が集まってきます。蔵王の「お釜」、紅葉の「鳴子峡」、日本三景の「松島」など、全国有数の観光地も点在。温泉やトレッキング、マリンスポーツなどのレジャースポットも多彩。また、米どころである一方、世界有数の漁場である三陸金華山沖で獲れた新鮮な魚介を手軽に食することができます。仙台−東京間を最短1時間30分で結ぶ東北新幹線や、東北自動車道、東北唯一の国際拠点港湾・仙台塩釜港、国内外に定期便が運航されている仙台空港と陸海空のアクセス網が完備。また、国内の主要都市と比較すると宮城県の土地価格は、ほとんどの用地において低くなっています(※1)。ビジネスから日常生活まで、何をするにも快適な環境です。

※1:国土交通省「平成27年都道府県地価調査」

いろいろなスポーツを気軽に満喫

サムネール  仙台は、サッカーJリーグ「ベガルタ仙台」、プロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」、プロバスケットリーグ「仙台89ERS」の3つのプロスポーツチームが本拠地を置いているほか、ベガルタ仙台レディース(サッカー)、仙台ベルフィーユ(バレーボール)などもあり、1年を通してスポーツ観戦が楽しめます。仙台市地下鉄やJR東北本線など会場へのアクセスも容易です。

世界3大漁場・三陸金華山沖漁場

サムネール  世界に多数存在する漁場の中でも特に漁獲量の多い優良な漁場として呼ばれる世界3大漁場。その一つが三陸・金華山沖です。親潮と黒潮がぶつかるこの地は魚の絶好の住処となり非常に豊富な種類の魚介が水揚げされます。ギンザケ、カジキ類、サメ類、ホヤの生産量が日本一。高タンパク低カロリーで脳や血管に良い新鮮な魚介類を手軽に食べられる点が魅力です。
[出典]
※宮城まるごと*探訪(特集・テーマ別、自慢の味、魚介料理)・石巻市HP(イベント・観光、食べる)

世界的な音楽祭も開かれる楽都・仙台

サムネール  杜の都・仙台は音楽が盛んな街。世界的に知られる国際音楽コンクールや仙台クラシックフェスティバル、街中が音楽一色になる定禅寺ストリートジャズフェスティバルなど官民をあげて音楽祭が繰り広げられています。

東北の空の玄関口から世界へ

サムネール  仙台空港は、国内はもとより東アジアなどの主要都市とを結ぶ路線が運航され、東北の空の玄関口として多くの方に利用されています。国内空港で初となる民営化で、空港の機能・旅客サービス施設の拡充や、さらなる路線拡充が期待されています。
 仙台空港から仙台市中心部を結ぶ仙台空港アクセス鉄道は、仙台都心(JR仙台駅)と仙台空港駅を約25分(快速17分)でダイレクトにつなぎ、渋滞の心配もなく正確かつ短時間でのアクセスが可能です。


宮城県の企業立地に関する詳しい概要は みやぎ企業立地ガイド(宮城県)をご覧下さい。