青森県

青森県 イメージ

職住近接の立地。余暇を楽しむ観光・文化施設も豊富

 三方を海に囲まれ、手つかずの雄大な自然に恵まれている青森県。日本一の収穫量を誇るりんごやにんにく、ホタテをはじめ、マグロやひらめなど、海の幸・山の幸に富む食材の宝庫です。ねぶた祭や弘前城の桜祭り、八戸のえんぶりなどの伝統的な祭りのほか、世界自然遺産の白神山地、日本最大級の縄文集落跡・三内丸山遺跡など、充実したひと時を楽しむのにふさわしい観光・文化施設も多彩です。東北新幹線で東京・新青森間は最速2時間59分で結ばれ、首都圏から県内主要都市への日帰りが可能。住宅地の平均価格は関東エリアと比較して約18万円も安く、工業地の平均価格(1m2当たり)全国第3位(※1)の安さ。また、県内には大学、短期大学、専修・各種学校が60校あり教育環境も充実。暮らす環境、働く環境が整っています。

※1:国土交通省「平成27年都道府県地価調査」

健康の源、りんごの生産量日本一

サムネール  青森県はりんごの生産量が日本一。特に台湾に多く輸出され、高い評価を受けています。イギリスのことわざで「一日一個のりんごが医者を遠ざける」とあるように、おいしくて体に良いといわれるりんごを手軽に食べることができます。
[出典]
※農林水産省「平成26年産果樹生産出荷統計」、(一社)青森りんご輸出協会

おいしくて、豊富な農水産品

サムネール  りんごのほかに、にんにく、ごぼう、あんずの収穫量が全国第1位、水産物ではひらめ、わかさぎ、しらうお、しじみの漁獲量が全国第1位。ほたて貝、いか類、こんぶは2位。食料自給率が高い(全国4位)青森県は、新鮮でおいしい食品がいっぱいです。
[出典]
※青森県企画政策部統計分析課「ピカイチデータ」(2015年)

公衆浴場数(10万人当たり)が全国1位

サムネール  公衆浴場数が10万人当たり24.5カ所(平成24年度)。全国平均の6.4倍で全国第1位です。いつでも温泉や銭湯に入れるよう車に入浴セットを常備している人も珍しくありません。温泉の種類もバラエティ豊か。エメラルドグリーン、茶褐色、黄金色、白濁色、黒色など、色を楽しみながらの温泉めぐりもおすすめです。
[出典]
※青森県企画政策部統計分析課「ピカイチデータ」(2015年)

世界最大規模の大自然を満喫

サムネール  世界遺産・白神山地の中心部には、世界最大規模(約1万7千ha)のブナの原生林があります。また、日本有数の桜の名所・弘前公園には日本最古のソメイヨシノ(樹齢約130年)があり、岩木山の南側の桜並木は総延長20kmと世界一の長さを誇ります。
[出典]
※青森県企画政策部統計分析課「ピカイチデータ」(2015年)


青森県の企業立地に関する詳しい概要は 青森県産業立地ガイド(青森県)をご覧下さい。