ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
 

DISCUSSION 内定者の本音を聞いてみよう。「内定者座談会」

  • 佐々木 貴之 理学研究科物理学専攻
  • 加賀谷 完成 経済学部経営学科
  • 笠原 みどり 法学部法律学科
  • 前森 大貴 情報科学研究科 応用情報科学専攻
  • 小澤 千花 国際教養学部国際教養学科
  • 濱田 悠平 工学研究科 エネルギー環境システム専攻
  • Theme 1 就職活動について
  • Theme 2 東北電力のイメージは?
  • Theme 3 入社して実現したい未来は?
  • Theme 4 後輩へのメッセージ

Theme 1 就職活動について

司会:本日は、よろしくお願いします。早速ですが、内定者の皆さんの就職活動についてお聞きできればと思います。お集りいただいた6名のうち、小澤さん、笠原さんは東京の大学、濱田さんは北海道の大学に在籍していますが、なぜ、東北で働くということを考えられたのか。まずは、そこから、お聞きできればと思います。

小澤:正直、当初は首都圏で就職活動を行っていました。しかし、就職活動を続けていく中で、やはり生まれ育った地元に貢献していきたいという気持ちがどんどん強くなってきました。地元に貢献するやりがい、生き甲斐は他には代え難いものだと感じ始めたのです。それに、東北の企業が集まっている合同説明会に参加したときに、言葉にはうまくできないのですが、アットホームな感じがして、やっぱり自分に合ってるなと感じたことも大きかったですね。

笠原:私も就職活動は首都圏でも行っていました。ですが、東北は大切という気持ちは心の中にずっとあって、悩んでいました。それは、震災の経験も大きかったと思うのですが、復興に貢献していきたいという気持ちが強くあり、最終的には東北電力で働きたいと思うようになりました。

前森:僕も震災の印象は強く残っているのですが、皆さん、震災というのは大きかったですよね?

佐々木:そうだね、東北に貢献したいという思いはもちろんだけど、東北電力のすごさというか、使命感の強さを感じたのは震災直後の体験でした。震災のとき、僕は仙台にいて、その夜は、電気はつかない、水もないという感じでした。そのような状況の中、給水所を探して街に出たときに、電柱に登って作業されている方の姿を見たんです。同じ被災者なのに、仕事をしている。その裏側にはきっと自分が働かなかったら電気を送り届けることができないという熱い使命感に溢れているのだと感じて、その生き方に、すごく感動したのを覚えています。

濱田:僕もそう。震災のとき、実家の青森にいて、停電になったのは一日だけだったのですが、不便で生活ができない。本当に電気をつくり、届けるというのは、人々が生活をしていく上で重要なことだと知った。

前森:東北に貢献したいという想いの中で、震災というのは大きなファクターかもしれないね。僕も東北に貢献したいという想いの中で、インフラに携わりたい、スケールの大きい仕事がしたいということで東北電力に興味を持った。佐々木さんは、当初、メーカー志望だったということだけど。

佐々木:うん。僕は最初、電力会社というより、メーカーを中心に就職活動を行っていました。だけど、就職活動を行っていく中で、もっと人の役に立てる仕事は何だろうと思い始めて、そのときに考えたのがインフラ。目立つ企業ではないかもしれないけど、人々を地道に支えていく、それがいいなと思いました。

加賀谷:僕は就職活動を始めた当初、仕事って全然イメージがつかなかった。それでも、どこかに東北に貢献したいという想いがあって、就職活動が進むにつれて、だんだんそれが大きくなっていきました。

前森:みんな、人々のために働きたい、東北に貢献していきたい、そんな気持ちが強く根底にあったんだね。

一同:そうだね。

NEXT→

▲ページトップへ

 
 
Theme 1 就職活動について