ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

地震のときの対処法
〜災害には日ごろからの備えが大切です〜

一覧へ戻る>

防災の基本は出火防止。家の外に避難するときには、
コンセントからプラグを抜いてブレーカーを切りましょう。

地震が発生したら

アイロンやドライヤーなどの電熱器具は火災の原因になりやすいので、地震が発生したらすみやかに
スイッチを切り、コンセントからプラグを抜いてください。

 

家の外に避難するときは

当社では、地震が起きても、電気設備に異常がなければ電気をご家庭に送り続けます。家の外に避難するときには、電気の消し忘れによる事故・火災を防ぐために、分電盤のアンペアブレーカーまたは漏電ブレーカーを切って(つまみを下げて)ください。

  • 日ごろからアンペアブレーカーや漏電ブレーカーの位置を確認しておきましょう。
  • 分電盤のブレーカー位置はこちらを参考にしてください。
  • ガスの元栓も忘れずに締めましょう。
  • 家族の避難(集合)場所をあらかじめ決めておきましょう。
 

ご協力をお願いいたします

電線に木や看板、アンテナなどの飛来物が引っ掛かっていたり、電柱が傾いているのを見かけたら、停電や事故の原因になりますので、東北電力コールセンターまでお知らせください。

切れた電線や垂れ下がった電線は、感電のおそれがあり大変危険です。
絶対に近づいたりせず、東北電力コールセンターまでお知らせください。

関連リンク

  • 停電情報
  • 落雷情報
  • 気象情報
 

ページ先頭へ戻る