ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

プレスリリース

1月分の電力需給実績について

平成28年 2月29日

1.電力需要について(表−1参照)

 1月分の販売電力量は、72億4,900万kWh、対前年比91.9%の実績となりました。東日本大震災からの復興の動きなどが続いているものの、前年に比べ気温が高かったことによる暖房需要の減少や検針期間が短かったことなどから、前年同月実績を下回りました。
 用途別の実績については、以下のとおりです。

○特定規模需要以外の需要(自由化対象以外のお客さま)

 電灯は、東日本大震災からの復興の動きなどが続いているものの、前年に比べ気温が高かったことによる暖房需要の減少や検針期間が短かったことなどから、対前年比88.9%の実績となりました。
 特定規模需要以外の需要の合計では、対前年比87.0%の実績となりました。

○特定規模需要(自由化対象のお客さま)

 業務用電力は、需要回復の動きはあるものの、前年に比べ気温が高かったことによる暖房需要の減少などから、対前年比93.1%と前年実績を下回りました。
 特定規模需要の合計では、対前年比96.0%の実績となりました。
 なお、産業用その他電力については、大口電力が大きなウエートを占めており、その概要は以下の参考のとおりです。

[参考]
○大口電力

 大口電力は、復興需要の動きが継続しているものの、一部での生産減少の影響などから、対前年比98.9%の実績となりました。

2.供給力について(表−2参照)

 1月の発受電電力量の合計は、81億4,800万kWh、対前年比98.4%の実績となり、6カ月連続で前年実績を下回りました。

(自社水力)
 出水率112.3%の豊水となり、前年出水率を9.0%上回ったことなどから、発電量は前年を2,800万kWh上回る6億2,600万kWhとなりました。

(自社火力)
 運転状況の違いなどから、発電量は前年を3億5,900万kWh上回る61億6,600万kWhとなりました。

(自社原子力)
 定期検査により、女川原子力発電所の全号機と東通原子力発電所1号機が運転を停止していることから、発電量はありませんでした。

(自社新エネルギー等)
 地熱発電所の運転状況の違いなどから、発電量は前年を400万kWh上回る8,600万kWhとなりました。

(他社受電)
 他社火力の運転状況の違いなどから、他社受電合計では、前年を5億2,300万kWh下回る19億8,200万kWhとなりました。

以上

 

 



「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」 印刷用PDF
←← 東北電力トップページ ← 元のページへ戻る