ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

プレスリリース

買取期間が満了する家庭用太陽光向けの新サービス「ツナガルでんき」のご提供について〜お客さまの多様なニーズにお応えし、再生可能エネルギーの有効活用に貢献〜

2019年 5月30日

 当社は、くらしのトータルサービス「より、そう、ちから。+ONe」の一環として、固定価格買取制度※1の買取期間が満了する家庭用太陽光発電設備をお持ちのお客さま向けサービス「ツナガルでんき」を、本年11月よりご提供いたします。

(「ツナガルでんき」の概要については、2018年11月29日お知らせ済。)


【「ツナガルでんき」のサービス内容】
  当社は、「ツナガルでんき」の各サービスを通じて、お客さまの多様なニーズにお応えするとともに、太陽光でつくられた電気を、地域全体で無駄なく活用することで、再生可能エネルギーを有効活用する社会の実現に貢献してまいります。


1.シンプル買取サービス

  • 太陽光でつくった電気のうち、ご家庭で使いきれずに余った電気(余剰電力)を当社が買い取るサービス。
  • 買取単価 9円/kWh※2


2.エコキュート※3・蓄電池リースサービス

  • エコキュートによる給湯(お湯の沸き上げ)を、太陽光でつくった電気でまかないたいお客さまや、余った電気を蓄電池に貯めて夜間に使いたい、災害などによる停電に備えたいお客さま向けに、リース契約(最大10年)のご提案を行い、機器の導入をサポートするサービス。


3.でんきお預かりサービス

  • 余った電気を一旦当社がお預かりし、離れて暮らすご家族とのシェアや、蓄電池のような電気の使い方など、これまでにない新しい電気の使い方をご提案するサービス(お預かりした電気は、毎月300kWhを上限に、ご家族またはご自身の電気のご使用量から差し引きます)。
  • サービス料 月額6,980円


 これらのサービスに加えて、ご家庭でつくった電気を、ご家庭と地域で無駄なく上手に活用する、未来の電気の使い方につながる新しい取り組みも実施いたします。


4.家庭向けVPP※4プロジェクト(モニター募集)

  • 太陽光でつくった電気を、ご家庭で利用するだけではなく、地域・社会全体での再生可能エネルギーの有効活用につながる新しい取り組みを体験できる、参加型実証プロジェクト。
  • ご協力いただけるお客さま(最大100名を募集)には、当社の会員制Webサービス「よりそうeねっと」でお使いいただける、「よりそうeポイント」(最大10,000ポイント)をプレゼント。


 各サービスの詳細は、本日より、当社ホームページ(https://tsunagaru.tohoku-epco.co.jp/menu)にてお知らせいたします。
  また、対象となるお客さま(買取期間が満了するお客さま)には、順次ダイレクトメールを発送※5し、お申し込み方法等についてご案内いたします。


 当社といたしましては、事業環境の変化をさらなる成長の機会と捉え、今後とも価値の高い「プラス・ワン」のサービスをお届けしていくことにより、お客さまや地域のご期待にしっかりとお応えしてまいります。



※1 固定価格買取制度:再生可能エネルギーにより発電された電気について、一定期間、電力会社に固定価格で買い取ることを義務付けしている国の制度。2019年11月以降順次、買取期間の満了を迎える。


※2 買取単価については、非化石価値等ならびに消費税等相当額(10%)を含みます。買取単価を見直す場合は、事前にホームページ等でお知らせいたします。


※3 エコキュートは「空気の熱」を利用する高効率の省エネ給湯機です。


※4 VPP(バーチャルパワープラント): Virtual Power Plant(仮想発電所)の略で、ご家庭などのお客さまが保有している発電設備や蓄電池、電気自動車など、地域に分散して存在しているエネルギーリソースについて、IoTなどの新たな情報技術を用いて遠隔制御し、集約することで、あたかも一つの発電所のように機能させること。当社は2018年4月より「VPP実証プロジェクト」を実施中。


※5 ダイレクトメールは6月5日より発送を開始いたします。なお、各サービスへのお申し込みには、ダイレクトメールに記載の「お客さま番号」と「お客さまID」が必要となります。




 以上


「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」 印刷用PDF
←← 東北電力トップページ ← 元のページへ戻る