ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

プレスリリース

新仙台火力発電所3号系列の定格出力変更(増出力)による運用開始について

平成29年 7月18日

 当社は、本日より、新仙台火力発電所3号系列(宮城県仙台市宮城野区)の定格出力を変更し(98万kW→104.6万kW:6.6万kWの増)、運用を開始いたしました。

 

 今回の増出力は、高効率火力の一層の活用を通じた、さらなる供給力の確保と、コスト競争力の強化を図る観点から実施するものです。

 

 なお、定格出力の変更は、これまでの運転実績や性能試験の結果などを踏まえて実施するもので、設備の改修工事を伴わないガスタービンの出力制御プログラムの修正で対応しております。

 

 当社といたしましては、安全を最優先に、引き続き、安定した電力の供給を果たしてまいります。


【新仙台火力発電所の概要】
○所在地:宮城県仙台市宮城野区

 

 出力(kW)

 燃料

 全量運転開始年月

 3号系列

(変更前)  980,000
    ↓
 (変更後)1,046,000 

 LNG

 平成28年7月

 ※1〜2号機は、廃止済み。


以上


「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」 印刷用PDF
←← 東北電力トップページ ← 元のページへ戻る