ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌

プレスリリース

新潟県内の送電線新設工事におけるヘリコプターからの鉄塔基礎工事用生コンクリートの落下について

平成28年10月 7日

 本日12時28分頃、当社の送電線新設工事において、関係会社である東北エアサービス株式会社が、鉄塔の基礎工事に使用する生コンクリートを同社のヘリコプターで運搬していたところ、運搬用のバケットから生コンクリート(約250リットル、約500kg)が地上に落下しました。
 
 具体的には、基礎工事の現場において、ヘリコプターに装備した運搬用コンクリートバケットから、地上に設置した容器に生コンクリートを移設しようとしたところ、バケット下部が開かなかったため、作業を中止して臨時ヘリポートに戻る過程でバケット下部が開き、生コンクリートが地上に落下したものです。

 

 落下場所は、新潟県三条市原付近の山中であり、生コンクリートが落下したことによるケガ人の発生や建物への被害等は、現時点では確認されておりません。

 

 なお、飛行中にバケット下部が開いた原因については、現在調査中です。

 

 周辺地域にお住まいの皆さまには、大変なご心配、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

以上

 


「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」 印刷用PDF
←← 東北電力トップページ ← 元のページへ戻る