ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌
  • 電気の旅
  • 電気をつくる
  • 電気をおくる
  • 家庭の電気
  • 電気のふしぎQ&A
  • でんき歴史見聞録
  • マカプゥルーム
  • 発電所・PR館を見に行こう!
  • エネルギー出前講座
  • お問い合わせはコチラ

東北に初めて電気がついた日

宮城県仙台市青葉区三居沢は、日本の水力発電発祥の地です。1888年(明治21年)7月1日、東北で初めて、ここに電気の明かりがともりました。

明治時代のはじめ、はいはんけんによって生活に苦しんでいたぞくきゅうさいし、東北地方にはたおりぎょうをおこそうという目的で、せい工場やぼうせき工場が数多くつくられました。江戸時代から続く四ツ谷用水に支えられた豊かな水流を利用したさんぎょうそうせつでした。

日本に初めて電気がついた日

現在も運転を続ける、日本初の水力発電所「三居沢発電所」
1888年竣工、名取川水系広瀬川より取水
最大出力1,000キロワット、常時600キロワット

日本に初めて電気がついた日

1887(明治20)年にうえ・仙台間に鉄道が開通すると、これから仙台の街も活気づくだろうと期待が高まりました。
さんきょざわにあったみやぼうせき会社のかん こくふく社長は、この時、将来でんとうが必要になるだろうと1200しょくとうのアーク灯1個と10しょくとうの電球50個、5キロワットのはつでんこうにゅうしました。自分の経営するぼうせき会社だけでも電気の明かりをつけてみようとぼうせき機用の水車タービンにはつでんをとりつけ、1888(明治21)年、初めてさんきょざわの工場内にてんとうしました。
これが日本で最初の水力はつでんでした。また、電力を工場用に利用したのもさんきょざわが初めてでした。

1893(明治26)年11月、宮城ぼうせき会社の営業を引き受けていたとうすけろうは今後はしょこうぎょうの進歩発展にともなでんとうを利用する人はますます増えるだろうと、でんとう会社せつりつに向けて活動を始めました。仙台でんとう株式会社の始まりでした。 しかし、新たに水力はつでんしょせっするにはばくだいな資金が必要になることから、まずはぼうせき会社の水力を利用して事業を始めようと宮城ぼうせき会社を宮城水力ぼうせき会社と変更しました。そして、365灯をともすことで開業しました。

東北・新潟各県に初めて電灯がついた日

東北・新潟各県に初めて電灯がついた日
日本に初めて電気がついた日
電気の歴史をつくった偉大なできごと
もくじにもどる