ここからコーナー共通メニューです。

コーナー共通メニューをスキップします。
  • 電気料金・ご契約
  • 省エネライフ・エネルギーソリューション
  • IR・会社情報
  • 原子力・環境・エネルギー
  • 災害に備えて
  • 地域とともに
  • キッズ・広報誌
  • 電気の旅
  • 電気をつくる
  • 電気をおくる
  • 家庭の電気
  • 電気のふしぎQ&A
  • でんき歴史見聞録
  • マカプゥルーム
  • 発電所・PR館を見に行こう!
  • エネルギー出前講座
  • お問い合わせはコチラ

日本に初めて電気がついた日

日本に初めて電気がついた日

電気がなかった時代は、でん製品もなく、車も走っていません。テレビの時代劇で見るように、江戸時代は、馬や牛で畑をこうさくしたり、ぐるまうんぱんしたり、人や動物の力にたよっていました。
せんたくは川やからくんだ水で手洗いをし、おは、くんだ水を“まき”でわかすなど、じゅうろうどうでした。

今からおよそ130年前に、電気の明かりが登場

でんとうを使う前は、ロウソクの火やせきランプ、ガスとうが主な照明道具でした。明治のはじめ、日本は西洋の科学技術をどんどん取り入れるようになりました。でんとうもその中のひとつです。

1878(明治11)年。
いまからおよそ130年前の3月25日、東京とらもんこうだいがっこう(現在の東京大学工学部)のホールにアーク灯がせっされました。
アークとうというのは、電気を使って発生させたばなを利用したでんとうです。
当日は式典があり、そこでアークとうてんとうしようという計画が進められていたのです。
そしていよいよ夕方、多くの人の見守る中で、天じょうにつるされたアークとうに電気が通じ、まばゆい光でホールが照らされました。ちくでん(バッテリー)の電気を使ったので長時間ともすことはできませんでしたが、人びとはその明るさに目をみはったと伝えられています。
これが日本で初めてでんとうがともった日で、3月25日は「電気記念日」になっています。

電灯が評判になり、日本各地に電力会社が誕生

しかし、日本にはじめてともった電気のあかりを目にしたのは、式典に参加した人々だけでした。
多くの人びとがでんとうを初めて見たのは、東京ぎんがいせっされたアークとうで、1882(明治15)年11月1日のことでした。電源にははつでんが使われました。
こうしてでんとうひょうばんは日本中に広まり、全国各地にでんりょくがいしゃたんじょうしました。

また外国ではエジソンが1879(明治12)年10月21日にはくねつでんきゅうの40時間てんとうに成功。後に日本でも、はくねつでんきゅうが使われるようになりました。
毎年10月21日はエジソン発明のはくねつでんきゅうを記念し、「あかりの日」になっています。

東北に初めて電気がついた日
電気の歴史をつくった偉大なできごと
もくじにもどる