接続供給および振替供給のご案内

 電気事業法の改正により,特別高圧で受電されるお客さまは,平成12年3月から電力の供給者(特定規模電気事業者)を自由に選ぶことができるようになりました。
 また平成17年4月からは,高圧で受電し契約電力が原則として50kW以上のお客さままで,電力の供給者(特定規模電気事業者)を自由に選ぶことができるお客さまの範囲が拡大されました。
 これらのお客さまに選ばれた特定規模電気事業者は,当社の供給設備を利用し,接続供給によって当該お客さまに電気を供給することになります。

 接続供給を行なうためには,接続供給料金等の算定のために必要な30分毎の電力量を計量できる計量器や安定して電気を供給するために必要な給電情報伝送装置等の,新たな施設または変更が必要となる場合があります。
 入札により電力の供給者を決定され,その供給者から電力を調達されるためには,落札後,それらの工事に必要な期間を見込んでいただくことが,「接続供給」をご利用いただくためにスムーズかつ重要なポイントとなります。
 なお,これらの設備の工事内容や工期については,お客さまの電気の使用状況や設備状況によって異なります。
 したがいまして,接続供給開始に必要な工事内容や工期につきましては,当該お客さまへの供給を検討中の特定規模電気事業者等から「接続供給」に関する専用窓口である当社ネットワークサービスセンターに申込みいただき,個々のお客さまごとに個別に検討のうえ,正式に回答させていただいております。

 つきましては,入札による電力調達をご検討のお客さまごとに,接続供給を開始するまでにどの程度の工期や手続き等の期間が必要かについて個別に相談を承りますので,入札をご計画の際にネットワークサービスセンターに事前にご確認され,接続供給を行なうために必要な工期を考慮のうえ,実施いただくことをお勧めいたします。
 なお,入札の前に特定規模電気事業者が接続検討を完了しており,落札後速やかに当該落札者による供給が可能かについて確認いただくことも併せてお勧めいたします。

接続供給を実施するまでの手続きのフローをご確認になりたい方は,「接続供給ご利用までの流れ」をご参照ください。


*高圧(6kV)の電気の入札をお考えのお客さまへのお願い(PDFファイル103kB)

↑文頭に戻る