申込書類について

申込書類(当社へ売電を希望される場合)

 当社へ売電を希望される発電設備の連系に伴う検討の依頼・申込みについては,以下の書類を使用願います。(託送契約を希望される場合,または売電先が未定の場合はこちら

◇高圧への連系をご希望の場合

  高圧
系統図閲覧申込み 営業所に直接お越しください。
事前相談申込み 事前相談申込書  (27kB)  (162kB)
接続検討要否
確認申込み
申込みに必要な
様式および
資料一覧
(53kB)


接続検討申込み
対象及び
要否確認
対象一覧表
(183kB)
接続検討要否確認
依頼書
(83kB)  (143kB)
様式
(246kB)
(385kB)
資料
(111kB)
(407kB)
接続検討申込み 接続検討申込書
(68kB)  (160kB)
様式
(246kB)
(385kB)
資料
(111kB)
(149kB)
契約申込み 系統連系申込書
(46kB)  (70kB)
様式
(246kB)
(385kB)
資料
(111kB)
(149kB)

電力売電申込書
こちらをご覧下さい。

意思表明書※1
(30kB)  (36kB)
契約申込みの取下げ書
(29kB)  (31kB)
工事費負担金
再算定申込み※2
工事費負担金再算定依頼書
(68kB)  (30kB)
※1 発電設備等の仕様等の変更がある場合は、原則として、再度、受電側接続検討申込みおよび検討料をいただき、再検討が必要となります。(最大受電電力が増加する場合は、意思表明書はご提出いただけません。)
※2 工事費負担金の再算定依頼にあたっては,電力広域的運営推進機関のホームページおよび「発電設備の設置に伴う電力系統の増強及び事業者の費用負担等の在り方に関する指針」をよく確認の上、お申込みください。

◇特別高圧へ連系をご希望の場合

  特別高圧
系統図閲覧申込み 送電線系統図閲覧申込書兼秘密保持誓約書  (46kB)  (52kB)
事前相談申込み 事前相談申込書  (27kB)  (162kB)
接続検討要否
確認申込み
申込みに必要な
様式および
資料一覧
(49kB)


接続検討申込み
対象及び
要否確認
対象一覧表
(183kB)
接続検討要否確認
依頼書
(56kB)  (131kB)
様式
(1,939kB)
(501kB)
資料
(216kB)
(335kB)
接続検討申込み 接続検討申込書
(66kB)  (173kB)
様式
(1,820kB)
(501kB)
資料
(216kB)
(195kB)
契約申込み 系統連系申込書
(46kB)  (70kB)
様式
(1,820kB)
(501kB)
資料
(216kB)
(195kB)

電力売電申込書
こちらをご覧下さい。

意思表明書※3
(30kB)  (36kB)
契約申込みの取下げ書
(29kB)  (31kB)
工事費負担金
再算定申込み※4
工事費負担金再算定依頼書
(68kB)  (30kB)
※3発電設備等の仕様等の変更がある場合は、原則として、再度、受電側接続検討申込みおよび検討料をいただき、再検討が必要となります。(最大受電電力が増加する場合は、意思表明書はご提出いただけません。)
※4工事費負担金の再算定依頼にあたっては,電力広域的運営推進機関のホームページおよび「発電設備の設置に伴う電力系統の増強及び事業者の費用負担等の在り方に関する指針」をよく確認の上、お申込みください。



≪留意事項≫

○高圧以上の申込みにおいては、接続検討においてお申込みの受電電力の連系が可能と回答した場合であっても、接続検討の回答から契約申込みまたは意思表明書のご提出までの間に、事業者さまより先に他の事業者さまから同一の系統に連系申込みがされた場合等は、後から申込んだ事業者さまの系統の空き容量等が不足する場合があります。
なお、このような場合、対策工事を行うことで連系が可能となることがありますが、一般的には工事費が高額となり工期も長くなります。

〇当社は,接続検討の申込みにあたり,検討料を申受けいたします。
ただし,以下のいずれかに該当する場合は,原則検討料を申受けいたしません。

①発電設備等が既に系統連系されており(増設・設備変更の場合を含む),以下の条件を全て満たす場合
 ・アクセス線工事が不要
 ・技術検討が軽微(供給設備の熱容量の確認のみ,又は同程度の確認のみの場合)

②接続検討実施後の条件変更(系統状況変更の場合も含む)に伴う再検討において,以下の条件を全て満たす場合
 ・既回答内容で供給可能
 ・技術検討が軽微(供給設備の熱容量の確認のみ,又は同程度の確認のみの場合)



≪記載例≫
接続検討申込書の記載例は,電力広域的運営推進機関のホームページをご覧ください。
 →記載例




↑文頭に戻る