電源接続案件募集プロセス


電源接続案件募集プロセスとは

 発電設備を電力系統に連系するにあたり,上位系統の系統増強が必要となり,系統連系に必要な工事費負担金が高額となる場合があります。この場合,事業者さまの希望等により,工事費負担金を共同負担する近隣の電源接続案件(発電事業者さま)を募ることができます。この工事費負担金を共同負担する近隣の電源接続案件(発電事業者さま)を募ることを電源接続案件募集プロセス(以下,「募集プロセス」といいます。)といいます。この募集プロセスは,平成27年4月1日に発足した電力広域的運営推進機関により新たに制定された系統アクセスのルールです。

 具体的には,接続検討の回答において,工事費負担金の対象となる系統連系工事が以下の①及び②の要件を満たす場合に,その接続検討の回答を所有する事業者さまのお申込み等により,系統連系に必要な工事費負担金を共同負担する近隣の電源接続案件を募る手続きを行ないます。

《募集プロセスの開始申込みの要件》
① 特別高圧の送電系統の増強工事が含まれること(特別高圧と高圧を連系する変圧器を含みます。)
② 工事費負担金を接続検討の前提とした最大受電電力(既設の発電設備等の最大受電電力を増加させる場合は工事費負担金を接続検討の前提とした最大受電電力の増加量となります。)で除した額が2万円/kWを超えること

 なお,平成26年度までに接続検討の回答を受領している場合であっても,接続検討の回答における工事費負担金の対象となる系統連系工事が,上記①及び②の要件を満たす場合には,当社に対して,募集プロセス開始の申込みを行なうことができます。

募集プロセスのフロー(概要)

募集プロセスのフロー

再生可能エネルギー固定価格買取制度における買取価格

 募集プロセス応募前に系統連系申込書を提出した事業者さまが,募集プロセスに応募し,共同負担者となった場合,再生可能エネルギー固定価格買取制度において買取価格を決定する要素の一つである「接続契約申込日」は,暫定的な措置として,当初の系統連系申込日となります。

 なお,募集プロセスに応募した場合においても,共同負担者とならない場合およびその募集が不成立※となった場合には,系統連系申込書の提出時期によらず(募集プロセス応募以前に系統連系申込書を提出したものも含む)系統連系申込書が無効となるため,買取価格は維持されませんのでご注意ください。

※ 入札負担金の合計が入札対象工事費に満たない場合には,募集プロセスが不成立となる場合があります。

系統容量の確保

 募集プロセスに応募する場合,既に確保または確定している系統容量を,募集プロセスへの応募と同時に開放していただくことに合意していただくこととなります。

 なお,募集プロセスに応募した場合においても,共同負担者とならない場合およびその募集が不成立となった場合には,系統連系申込書の提出時期によらず(募集プロセス応募以前に系統連系申込書を提出したものも含む)系統連系申込書が無効となるため,開放していただいた系統容量は,発電事業者さまのものとなりませんのでご注意ください。

【系統連系申込済みの発電事業者さまが募集プロセスに参加した場合の取扱い】

系統連系申込状況 系統連系申込書 暫定容量 意思表明書 連系承諾書
系統連系申込
(同時申込みの場合は
意思表明書提出)済み
受領したまま 開放 取り下げと
見なします
撤回
系統連系申込済みで
意思表明書未提出
受領したまま


損害等に関する免責

 募集プロセスへの参加(共同負担者にならない場合や,募集プロセスの不成立を含みます。)にともない,発電事業者さまおよび第三者の以下のような行為により生じた費用や,損害および将来見込まれている利益(電力販売によるものを含む)の減少等が発生した場合,当社は補償しませんのであらかじめご注意ください。

  • 事業化にあたっての調査,設計,企画,資金調達
  • 土地の取得,賃貸借契約,造成,既存設備の除却
  • 資機材の発注,売買および請負契約,機器の設置
  • 設備認定等の国への申請
  • 立地協定の締結,広報              等

↑文頭に戻る