配当金

利益配分に関する基本方針及び当期・次期の配当について(平成29年4月27日)

 当社は,利益配分については,安定的な配当を行うことを基本に,当年度の業績や中長期的な収支見通しなどを総合的に勘案し決定することを基本的な方針としております。
 原子力発電所の再稼働を巡る情勢が依然として不透明な状況にあることや,電力システム改革の進展による競争激化や電力需要の伸び悩みなどの事業環境の変化,自然災害などの経営リスクがあるなかで,さらに事業を発展させていくためには,より強固な経営基盤を確立していく必要があります。
 このようななか,当年度の業績は,燃料費調整制度のタイムラグ影響が大きかった前年度を下回るものの,経費全般にわたる徹底した経営効率化に継続して取り組んできたことなどから,一定の利益水準を安定的に確保することができました。 また,今後,新たに策定した「東北電力グループ中期経営方針(2017〜2020年度)」のもと,東北電力グループが一体となってさらなる企業価値の向上に努めていくこととしております。
 このような状況を総合的に勘案し,平成28年度の期末配当金については,1株につき20円を予定しております。なお,中間配当金15円とあわせた当年度の年間配当金は,前年度に比べ10円増の1株につき35円となります。
 次期の配当については,当社を取り巻く事業環境や収支・財務体質回復の見通しなどを総合的に勘案し,中間配当及び期末配当ともに1株につき20円を予定しております。

配当金の推移

配当金の推移グラフ

配当性向(連結)の推移

配当性向(連結)の推移グラフ

配当利回りの推移

配当利回りの推移グラフ