事業等のリスク

(平成28年4月26日現在)

 当社企業グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があるリスクには,主に以下のものがあります。企業グループでは,これらのリスクを認識したうえで,リスクの低減に努めるとともに,発生した場合は,的確な対応に努めてまいります。
 なお,以下に記載の将来に関する事項は,現時点において,当社が判断したものであり,今後のエネルギー政策の変更や電力システム改革などの影響を受ける可能性があります。

1.原子力発電を取り巻く制度変更等による影響

 当社は,安全確保を大前提に原子力を一定程度活用していくことが重要と考えており,新規制基準への適合に加え,更なる安全性向上に向けて自主的な対策を進めるなどの取り組みを行っております。
 ただし,原子力発電を取り巻く環境が厳しさを増している中,今後の政策・規制変更等により,原子力発電所の停止が長期化するなど安定運転に影響を与える場合,火力燃料費の増加等により,企業グループの業績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

2.電気事業を取り巻く制度変更等による影響

 電力広域的運営推進機関の設立,小売分野における全面自由化や送配電部門の法的分離などからなる電力システム改革が進められております。
 このような電力システム改革やエネルギー基本計画に基づく政策の動向,それによる電気事業者および他エネルギー事業者との競争の進展などにより,企業グループの業績及び財政状態は影響を受ける可能性があります。

3.原子力のバックエンド事業コストの変動による影響

 原子力のバックエンド事業は,超長期の事業で不確実性を伴いますが,国による制度措置等により事業者のリスクが軽減されております。
 ただし,国の政策変更や,関連する制度措置の見直し,将来費用の見積額の変動,再処理施設の稼働状況により,費用負担が増加するなど,企業グループの業績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

4.経済状況,天候状況ならびに東日本大震災などによる販売電力量の変動による影響

 電気事業における販売電力量は,景気動向や気温の変動,さらには省エネルギーの進展などによって変動することから,企業グループの業績および財政状態は影響を受ける可能性があります。
また,平成23年3月11日に発生した東日本大震災により,東北地域は大きな被害に見舞われました。震災後5年を経てもなお,被災地の復興は途上であり,電力需要について,震災前の水準への回復が遅れる可能性があります。
なお,年間の降雨降雪量により,豊水の場合は,燃料費の低下要因,渇水の場合は,燃料費の増加要因となりますが,「渇水準備引当金制度」により一定の調整が図られるため,業績への影響は限定的と考えられます。

5.燃料価格の変動による影響

 電気事業における火力発電燃料費は,石炭,LNG,重・原油などのCIF価格および為替レートの変動により,影響を受けるため,当社はバランスのとれた電源構成を目指すことなどによって燃料価格変動リスクの分散に努めております。
電気事業には,燃料価格および為替レートの変動を電気料金に反映させる「燃料費調整制度」が適用されますが,燃料価格などが著しく変動した場合には,企業グループの業績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

6.自然災害および操業トラブルの発生による影響

 企業グループは,お客さまに高品質な電力を安定的に供給するため,設備の点検・修繕を計画的に実施し,設備の信頼性向上に努めていますが,地震・津波や台風等の自然災害,事故やテロ等不法行為などにより,大規模な停電が発生し,設備の損傷や電源の長期停止などに至った場合は,企業グループの業績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

7.金利の変動による影響

 今後の市場金利の動向および格付の変更により,企業グループの業績および財政状態は影響を受ける可能性があります。
ただし,有利子負債残高の多くは固定金利で調達した社債や長期借入金であることなどから,市場金利の変動による影響は限定的と考えられます。

8.情報流出による影響

企業グループは,大量の個人情報や設備情報など重要な情報を保有しております。重要な情報の適切な取扱いをはかるため,基準等の整備や従業員に対する教育啓発,委託先管理の徹底等,情報セキュリティ対策の強化をはかっておりますが,重要な情報の流出により問題が発生した場合は,企業グループの業績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

9.電気事業以外の事業による影響

 企業グループは,エネルギー分野では,電気事業を中核に,省エネルギー対策を中心とする付加価値提案型事業(ESCO事業)やガス事業との連携を強化しております。また,情報通信事業などのエネルギー分野以外では,選択と集中を徹底しながら,収益性を重視した自立性の高い事業展開を推進しております。これら事業の業績は,他事業者との競合状況,ガスシステム改革の進展など,事業環境の変化により影響を受けることがあることから,電気事業以外の事業の業績により,企業グループの業績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

10.企業倫理に反した行為による影響

企業グループは,企業倫理・法令遵守がすべての事業活動の前提になるとの考えのもと,企業倫理・法令遵守の体制を構築し,定着に向けて取り組んでおりますが,法令違反等の企業倫理に反した行為が発生した場合,企業グループに対する社会的信用が低下し,企業グループの業績および財政状態は影響を受ける可能性があります。