東北電力からのお知らせ

FIT期間満了となる家庭用太陽光発電設備からの電力購入および関連サービスについて

2018年11月29日

 当社は現在,再生可能エネルギーの固定価格買取制度(以下,「FIT」と表記いたします。)にもとづき,再生可能エネルギー発電設備をお持ちのお客さまから電力を購入させていただいておりますが,2019年11月以降,家庭用太陽光発電設備を中心に契約期間満了となるご契約が順次発生いたします。

 

 FIT期間満了後は,「お客さまが,余剰電力を蓄電・蓄熱機器に貯めて必要な時に宅内で消費する」,「お客さまが,自ら選択した小売電事業者等と自由契約のうえ,余剰電力を販売する」など,発電設備をお持ちのお客さまによる活用が想定されております。

 

 当社は,こうしたお客さまのニーズにお応えするため,家庭用太陽光発電設備からの電力の購入や関連する新たなサービスをスタートさせることといたしました。電力の購入単価,サービスメニュー等の詳細につきましては,来年6月頃を目途にあらためてお知らせいたします。

 

 なお,本日,新サービスに関する特設サイト「ツナガルでんき」(http://www.tsunagarudenki.com)を立ち上げておりますので,合わせてお知らせいたします。

 

 当社は,今後もコーポレートスローガン「より、そう、ちから。」のもと,お客さまのご要望に「より沿う」サービスを提供してまいります。

 

以上