あ!そのメール大丈夫ですか?御社のセキュリティは万全ですか?

累計300,000人以上に提供してきた確かな実績! 標的型攻撃メール対応訓練サービス

PCイメージ
東北電力グループメルマガ登録 グループ力で課題解決!
−ビジネスコラム−

標的型攻撃とは?

標的型攻撃とは機密情報窃取などを目的として、特定企業や個人を対象に継続的に行われる一連のサイバー攻撃のことです。被害を受けた場合のリスクは大きく、社会的信用を失い、経営にも大きな打撃を与えかねません。

ネットワークへの侵入経路の
約9割がメールから

一般的な攻撃手法としては、添付ファイル付きの電子メールが用いられます。これを標的型攻撃メールと呼びます。添付ファイルには、コンピュータウィルスなどの悪意のあるプログラム(マルウェア)が含まれており、実行(開封)した場合、社内ネットワークを介し、コンピュータが乗っ取られたり、機密情報が盗まれる恐れがあります。

標的攻撃の侵入経路のイメージ

標的型攻撃の侵入経路(トレンドマイクロ調べ※)

100人のうち99人が気づいても、
たった1人で被害に遭う!?

標的型攻撃メールは、業務上の電子メールと区別がつきにくいため、フィルタリングが困難であり、既存のシステム対策だけでは防ぐことができません。標的型攻撃メールの被害を防ぐには、不審メールを受信した時の組織内での速やかな注意喚起のほか、対応方法を学ぶなど、社員一人ひとりの意識を高めていくことが必要です。 ※出典:トレンドマイクロ株式会社(国内標的型サイバー攻撃分析レポート2016年版)

約4社に1社の割合!

約4社に1社の割合で
既にマルウェアが侵入(トレンドマイクロ調べ※)

侵入から被害発覚まで平均5ヵ月以上経過!

侵入から被害発覚まで
平均5ヵ月以上経過(トレンドマイクロ調べ※)

そのメール、本当に安全ですか?
セキュリティに不安はありませんか?

当社がその不安やリスク軽減のお手伝いをします

累計300,000人以上に提供してきた確かな実績! 標的型攻撃メール対応訓練サービス 累計300,000人以上に提供してきた確かな実績! 標的型攻撃メール対応訓練サービス

擬似的な標的型攻撃メールを実際に体験して、不審メールを受信したときの対応を学んでいただくサービスです。一人ひとりの情報セキュリティに対する意識向上に伴い、ウィルス感染リスクが低減します。

訓練メールによる気付きのイメージ

導入効果

標的型攻撃メールの手法を理解し、一人ひとりの情報セキュリティ意識の向上につなげることができるため、不審メールの発見率向上およびウィルス感染の未然防止が可能です。また、一人ひとりの情報セキュリティ意識の測定が可能です。

導入効果のイメージ
これまでの実施結果から、1回目と2回目を比較すると
開封率が確実に減少していることが分かります!

基本メニュー

基本メニューのメール送信回数は1回、メール文面は1パターン、訓練対象者に対して表示される(開封時)コンテンツは1パターンとなります。添付ファイルを開いた、もしくはメール本文内のURLリンクをクリックした訓練対象者の情報を当社で取得・集計したのち、開封結果としてご報告します。

基本メニューのイメージ
メニュー項目 概要
訓練メール送信 訓練メール(擬似攻撃メール)を送信します。
訓練メールの形式はURLリンク型と添付ファイル型から選択できます。
開封時コンテンツの表示 訓練メールのURLリンクをクリックした、もしくは添付ファイルを開いてしまった訓練対象者(開封者)には、標的型攻撃メールへの注意を促すコンテンツ(開封時コンテンツ)が表示されます。
開封結果報告 訓練メールの開封者の割合(開封率)をお知らせします。

オプションメニュー

当サービスでは多彩なオプションメニューを用意しております。
オプションメニューを組み合わせることで、お客さまのご要件に応じて訓練内容をカスタマイズすることが可能です。

メニュー項目 概要
訓練メール 訓練メールパターン追加 訓練メールのメール文面パターンを追加することができます。
以下の場合に、本オプションのお申込みが必要となります。

①部署や役職などグループごとにメール文面を変える場合
②複数回の訓練を実施し、各訓練毎にメール文面を変える場合
メール送信回数追加 訓練メールの送信回数を追加することができます。
以下の場合に、本オプションのお申込みが必要となります。

①訓練メールを複数回に分割して(時間を空けて)送信する場合
②複数回の訓練を実施する場合
メール文面作成代行 訓練メールの文面をお客さまのご要望に合わせて作成します。
開封時コンテンツ 開封時コンテンツ追加 開封時コンテンツを追加することができます。
以下の場合に、本オプションのお申込みが必要となります。

①部署や役職などグループごとに開封時コンテンツを変える場合
②複数回の訓練を実施し、各訓練毎に開封時コンテンツを変える場合
アンケート アンケート実施 開封者もしくは全訓練対象者に対し、WEBページ形式のアンケートを実施します。
アンケートは、当社標準の内容(以下のとおり)となります。
また、アンケート集計結果をお知らせします。

質問1:選択式の回答。選択肢は5つ(複数選択不可)
質問2:自由記述
質問内容カスタマイズ 質問数の追加および質問内容の変更ができます。質問5項目毎に追加料金が発生します。
教育コンテンツカスタマイズ アンケートへお客さま指定の教育コンテンツを追加できます。
結果報告 報告書作成 訓練結果を取り纏めた報告書を作成します。報告書の記載内容は以下のとおりになります。
・訓練実施概要、開封率、アンケート集計結果(アンケートを実施した場合のみ)、考察
開封結果報告 訓練メール送信後、開封率および開封者の一覧をお知らせします。

訓練実施の流れ

訓練実施の流れのイメージ

ご契約後、メール文面の検討、事前確認テスト等を経て、約1ヶ月後には訓練を実施できます。お客さまのご要件に応じて御見積します。ぜひお問い合わせください。

東北電力グループメルマガ登録 グループ力で課題解決!
−ビジネスコラム−

標的型攻撃メール対応訓練サービスに関するお問い合わせ

東北インフォメーション・システムズ株式会社
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町四丁目1-25

受付時間:平日9:00-17:00