今年も緑のカーテンが大きく育ちました 〜 新仙台火力発電所

緑のカーテン運動緑のカーテン運動|2018年9月28日

今年も緑のカーテンが大きく育ちました 〜 新仙台火力発電所

 今年も東北電力は、夏場の省エネルギー対策として、地域の皆さまへのゴーヤなどの種の配布や、各事業所での緑のカーテン栽培に取り組んでいます。今回は、東北電力新仙台火力発電所の栽培活動についてご紹介します。


保育所や発電所構内で栽培

 新仙台火力発電所は、昨年に引き続き、八幡保育所(多賀城市)にて子どもたちと一緒に緑のカーテン運動を行いました。春にゴーヤとアサガオの苗を植え、子どもたちがしっかり水やりなどのお世話をした結果、高さも十分な緑のカーテンに生長しました。

 発電所構内でも春に関係会社の方々と一緒に、事務所玄関脇にゴーヤとアサガオの苗植えを行いました。水やりを欠かさず丁寧に生育をしたおかけで、立派な緑のカーテンとなり、涼し気なみどりで来訪者に癒しを感じていただくことができました。

八幡保育所にて、みんなでプランターを囲んで苗植え

八幡保育所の緑のカーテンは、
子どもたちの背を追い越すほど大きく生長しました!

発電所構内の緑のカーテン

アサガオのピンクが綺麗でした

ご意見・ご感想はこちら バナー