「サンシャインいわき」で生長した緑のカーテン 〜 いわき営業所

緑のカーテン運動緑のカーテン運動|2017年10月3日

「サンシャインいわき」で生長した緑のカーテン 〜 いわき営業所

 東北電力は、夏場の省エネルギー対策として、地域に緑のカーテンを広める運動に取り組んでいます。
 今回は、東北電力いわき営業所が取り組んだ、アサガオ栽培の様子をご紹介します。


緑のカーテンはいわき市にぴったり!

 いわき営業所は、営業所南側の窓面と、お客さま受付玄関前の二ヶ所で「緑のカーテン」を栽培しました。6月に各職場から選出された「エコライフ推進会議メンバー」が総力を結集し、プランターの設置やネット設営を行いました。

 いわき市は、東北地方で最も日照時間が長く、素晴らしい気候に恵まれた過ごしやすい都市として有名で、「サンシャインいわき」とも呼ばれています。その名のとおり、8月は強い日差しが照りつけていましたが、所員の日々の水やりで生長した緑のカーテンが、日差しを和らげてくれました。
 また、お客さま受付玄関前は、葉っぱが青々と茂り、爽やかな水色のアサガオの花も咲き乱れ、暑い日差しの中、来所されたお客さまへ「涼」をお届けしました。

 今回のアサガオ栽培をとおして、所員一人ひとりの節電・省エネに対する意識の向上を図ることができました。

「エコライフ推進会議メンバー」の皆さん

安全第一で、資材の設置を行いました

「フラガールが生まれた街・いわき」のPRとして、いわき市役所が
アロハシャツの着用を推進。いわき営業所でも”アロハ・クールビズ”を実施!

(左)営業所南側窓面、(右)お客さま受付玄関前

詳しくはこちらをご覧ください

「緑のカーテン運動2017」のページはこちら

ご意見・ご感想はこちら バナー