よりそうエコパートナー活動報告(5) 〜 新潟火力発電所・気仙沼営業所

環境コミュニケーション環境コミュニケーション|更新日:2018年6月15日

よりそうエコパートナー活動報告(5) 〜 新潟火力発電所・気仙沼営業所

 東北電力の各事業所では、当社社員が「よりそうエコパートナー」となって、地域の清掃や植樹・植栽などの環境活動を行っています。今回は、新潟火力発電所と気仙沼営業所の「よりそうエコパートナー」が行った活動についてご紹介します。

ふれあい農園でさつま芋の苗と朝顔の種を植えました 〜 新潟火力発電所

 新潟火力発電所は、発電所構内にある「ふれあい農園」で、毎年、近隣の小学生・保育園児を招待し、さつま芋の苗の植え付けおよび収穫行事を実施しています。
 日頃は土に親しむ機会のない子供たちに、さつま芋の栽培を通じて、植物を育てる喜びを肌で経験していただこうと、今年は5月15日と21日の両日、さつま芋の苗植え付け行事を実施しました。

 今回ご参加いただいた桃山小学校(新潟市)の皆さんは、植え付け後に、授業の一環として芋畑隣の空き地で草花や虫等の自然を観察しました。桃山保育園(新潟市)の皆さんには、当社「緑のカーテン運動」にも参加いただき、プランターに朝顔の種を蒔いてもらいました。

画像 「おおきく育ってね!」
晴天のもと、みんなで楽しく植え付けを行いました!

画像 自然観察に集中している桃山小学校の皆さん

画像 アサガオを植えよう!と張り切る当社員と桃山保育園の皆さん

安波山を四季折々の美しい山へ!! 〜 気仙沼営業所

 気仙沼営業所は、5月20日、第16回安波山植樹活動(気仙沼市・東北電力企業グループ主催)を実施しました。
 安波山への植樹活動は、気仙沼市のシンボルとして市民に親しまれている「安波山」を四季折々の美しい山とするため、東日本大震災があった平成23年度を除き、平成14年度から毎年実施しています。

 当日は天候にも恵まれ、一般参加者を含めた約200名が参加し、約1時間かけてヤマツツジ等約190本を植樹しました。

画像 ヤマツツジを植えている「よりそうエコパートナー」たち

ご意見・ご感想はこちら バナー