よりそうエコパートナー活動報告(1) 〜 会津若松支社・喜多方営業所

環境コミュニケーション環境コミュニケーション|更新日:2018年6月5日

よりそうエコパートナー活動報告(1) 〜 会津若松支社・喜多方営業所

 東北電力の各事業所では、当社社員が「よりそうエコパートナー」となって、地域の清掃や植樹・植栽などの環境活動を行っています。
 今回は、会津若松支社と喜多方営業所の「よりそうエコパートナー」が行った活動についてご紹介します。

「クリーン鶴ヶ城作戦」に参加 〜 会津若松支社

 会津若松支社は、4月14日に、会津若松市民憲章推進委員会主催のクリーン鶴ヶ城作戦に参加しました。
 本活動は、「環境をととのえ,美しいまちをつくりましょう」を合言葉に、会津若松市のシンボルである「鶴ヶ城」を市民総ぐるみで清掃を行うもので、当日は、約750名の市民が参加し,自宅等から道路脇等のゴミ拾いをしながら鶴ヶ城に集合しました。

画像 清掃活動後、鶴ヶ城を背に記念撮影

「猪苗代湖クリーンアクション2018」に参加 〜 会津若松支社

 会津若松支社は、4月14日に、福島県・猪苗代町・福島県産業廃棄物協会が主催する「猪苗代湖クリーンアクション2018」にも参加しました。
 猪苗代湖畔には、春先に大量のゴミが漂着しますが、これらのほとんどが私たちの生活の中から排出されたものです。本清掃活動は、福島県の宝でもある猪苗代湖を、美しいまま次世代に引き継ごうとの想いから始まったものです。
 その想いを胸に、当社員13名が参加し、約3時間にわたりプラスチックや水草等のゴミ拾いを行いました。

画像 湖畔際はぬかるんでいたため、苦労しました

「日中線記念自転車歩行者道(喜多方市)」清掃活動 〜 喜多方営業所

 日中線記念自転車歩行者道は、廃線となった旧国鉄日中線の跡地が自転車歩行者専用道として整備されたもので、3kmに渡り約1,000本のしだれ桜が植樹されています。県内外から多くの観光客が訪れる人気の桜の名所で、「花でもてなす喜多方」のシンボルとなっています。
 また、4月21日には、『蔵のまち喜多方桜ウォーク2018』が開催され、日中線記念自転車歩行者道はそのメインコースとなりました。

 喜多方営業所は、『蔵のまち喜多方桜ウォーク2018』に先立ち、4月18日に、喜多方市教育委員会や全会津電気工事協同組合喜多方支部の方々のご協力をいただきながら、計22名で日中線記念自転車歩行者道沿線の清掃活動を実施しました。
 当日は、生憎の雨模様ではありましたが、同ウォークの参加者に気持ちよく参加いただくため、地域美化活動の一助となるよう、空き缶やゴミ、落ち葉などを拾い集めました。
 なお、本取り組みは、平成18年から継続して実施しており、今回で13回目となりました。

画像 しだれ桜が咲く歩行者道に集合 画像 地域の大切なイベントのために取り組みました!

ご意見・ご感想はこちら バナー