オフィスにおける積極的な3R活動

環境コミュニケーション環境コミュニケーション|2018年2月13日

オフィスにおける積極的な3R活動

 東北電力の各事業所では、循環型社会の実現に向けて、オフィスでも3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進に取り組んでいます。今回は、当社本店で行われている活動についてご紹介します。

札幌ユネスコ協会主催「カレンダーリサイクル市」への寄付について

 東北電力本店では、年末に余ったカレンダー・手帳等を有効活用するため、札幌市で開催されるカレンダーリサイクル市(主催:札幌ユネスコ協会)へ提供しています。そこで販売されたカレンダー等の収益金は、下記の活動などに使われています。

  • 日本ユネスコ協会連盟「東日本大震災子供支援」
  • 国連難民高等弁務官事務所「みどり1本活動」
  • ユネスコ「世界寺子屋運動」他活動支援

 今年も、1月7日〜1月11日に行われたカレンダーリサイクル市に、当社からダンボール約40箱分のカレンダー・手帳を寄付し、資源の有効活用と社会貢献活動に協力することができました。
 これからもオフィスにおける3Rの推進に、積極的に取り組んでまいります。

画像 梱包作業の途中。リユースのために!

ご意見・ご感想はこちら バナー