緊急情報

緊急情報

地震発生による停電等の影響について(4月10日16時現在[本日最終報])

平成23年 4月10日

  3月11日(金)、14時46分に三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生しました。また、4月7日(木)、23時32分に宮城県沖を震源とする強い地震が発生しました。これらの地震による停電等の影響については、以下の通りです。

(4月10日 14時現在報からの変更点は下線部です)

 

1.当社管内での停電発生状況

  4月7日23時32分に発生した地震による停電につきましては、4月10日0時15分に全て解消しました(最大停電戸数:4月8日3時現在4,006,832戸)。

  4月10日16時現在158,392戸が停電していますが、これらは3月11日14時46分発生の地震により停電したもので、当社として全力を挙げて復旧に取り組んでいるところであります。

  なお、4月7日16時現在で公表した停電戸数の内訳につきましては、停電実績に基づく停電戸数(159,071戸)の内訳につきましては、「お客さま家屋、公共的インフラは健全なものの、当社設備が水没・損傷等により復旧に一定期間を要する地域」が6,468戸であり、現在、全力で復旧にあたっております。

 

  また、当社設備の復旧は終了したものの、お客さま立会いのもとで屋内設備の健全性を確認しながら送電する必要があるものが14,891戸です。これらにつきましては、当社から各戸に不在連絡票を配付し、お客さまからのご連絡をお待ちしている状況にあり、送電を留保しております。

 

  なお、「津波等で当社設備、公共的なインフラ、お客さま家屋等が流失してしまった地域」が87,919戸、「今後の瓦礫撤去や立入制限解除等により、復旧作業に着手可能となる地域」が53,203戸となっており、これらの地域につきましては、今後、行政等と連携しながら対応してまいります。(上記の内訳は4月6日16時現在の停電戸数162,481戸に基づくものです)

 

※4月7日(木)23時32分に発生した地震による停電につきましては、本日復旧いたしましたので、明日以降につきましては、4月7日以前のとおり、1日1回  16時現在の状況を取りまとめ、お知らせさせていただきます。

  

 

■当社管内各県の停電状況(10日16時現在

 

地域

  現在停電戸数(戸)

4月7日16時現在の

停電戸数(戸)

青森県

− 

[4月8日 17:48復旧]

[4月6日 15:00復旧]

岩手県

一部地域

29,438

29,688

秋田県

−  

[4月8日 17:13復旧]

[3月12日 22:19復旧]

宮城県

一部地域

93,115

93,544

山形県

[4月8日 10:14復旧]

[3月12日 21:13復旧]

福島県

一部地域

35,839

35,839

新潟県

 

 0

[3月12日 15:51復旧]

合 計

 

158,392

159,071

※新潟県で発生した停電は、3月12日3時59分に発生した新潟県中越地方を震源とする地震の影響によるものです。

※上記停電戸数については、今後の調査により変動する可能性があります。

 

2.当社発電所・設備の被害状況等

(1)原子力発電所

    当社原子力発電所の状況につきましては、別途お知らせしております。

 

(2)その他の設備

<火力発電所>

・八戸火力発電所     3号機:運転再開

・能代火力発電所     1、2号機:運転再開

・秋田火力発電所     2〜4号機:運転再開

・仙台火力発電所     4号機 :停止中

・新仙台火力発電所1、2号機:停止中

・原町火力発電所     1、2号機:停止中

 

<水力発電設備>

[4月7日までの判明分]

設備被害(11ヵ所[うち仮復旧または本復旧完了5ヵ所])

建物内落石、土砂流入2ヵ所 他

 

<変電設備>

[4月7日までの判明分]

設備被害(57ヵ所[うち仮復旧または本復旧完了37ヵ所])

変圧器損傷69台、遮断器損傷197台、断路器損傷178台 他

 

[4月8日以降の判明分]

設備被害(12ヵ所[うち仮復旧または本復旧完了ヵ所])

変圧器損傷10台、断路器損傷12台 

 

<送電設備>

[4月7日までの判明分]

設備被害(104線路[うち仮復旧または本復旧完了75線路])

他軽微な被害178線路

鉄塔損壊・折損・傾斜42基、電線断線・がいし折損22ヵ所、

地中ケーブル損傷14ヵ所、地すべり14ヵ所 他

 

[4月8日以降の判明分]

設備被害(10線路[うち仮復旧または本復旧完了線路])

がいし折損5ヵ所 地すべり1ヵ所 他

 

<配電設備>

[4月7日までの判明分]

支持物折損・傾斜等 14,272基

電線混断線      21,636条間

変圧器・開閉器損傷等 6,297ヵ所 他

 

[4月8日以降の判明分]

支持物折損・傾斜等      528基

電線混断線        3,654条間

変圧器・開閉器損傷等  1,038ヵ所    他

 

以 上

  

※お願い

  感電事故および漏電火災などの二次災害防止の観点から、以下の点について、ご注意くださいますようお願いいたします。

  • 感電の危険があるため、くれぐれも切れた電線には近づいたり、触れたりしないでください。
  • 漏電による火災防止のため、自宅を離れる際には、分電盤のブレーカーを全て下げて外出してください。また、電気給湯器や蓄熱式電気暖房器が転倒した場合は、触らないで専用ブレーカーを下げてください。
  • 外出から戻られた際には、家屋の状況を確認したうえで、コンセントを全て抜いていただいてからブレーカーを順次上げてください。その後 順次、必要な機器のコンセントを入れてご使用ください。
  • 停電に関するお問い合わせは、東北電力コールセンター(0120−175−366)までご連絡をお願いいたします。