原子力 気になるワード

定期検査

施設定期検査のことで、原子力発電所では、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律に基づき、約1年に1回原子炉を止めて定期検査を行います。
定期検査は、発電所の設備を健全な状態に維持し、トラブルの未然防止や発電所の安全運転を図ることを目的として行うものです。

(2016年3月掲載)

他のワードで検索する

ページ先頭へ
サイトマップを閉じる

原子力情報