原子力 気になるワード

クリアランスレベル、クリアランス制度

ある物質から出る放射線量が、自然界の放射線レベルに比べて十分に小さく、人体への影響を無視できる程度であれば、その物質は放射性物質として取り扱う必要がないことになります。この放射能レベルの基準をクリアランスレベルといいます。また、クリアランスレベル以下の物質を再利用や処分することができる制度を、クリアランス制度といいます。

(2016年3月掲載)

他のワードで検索する

ページ先頭へ
サイトマップを閉じる

原子力情報