原子力 気になるワード

制御棒

原子炉の出力を調整するための重要な炉心設備。いわば原子炉のブレーキの役割を果たします。制御棒は炉内の中性子をよく吸収する物質(カドミウム、炭化ホウ素など)を含む材料でできています。停止中の原子炉には制御棒が差し込まれており、核分裂を引き起こす中性子を吸収して減らし、臨界にならないようにしてあります。逆に原子炉を起動する際は、制御棒を徐々に引き抜いて炉内の中性子を増やし、核分裂を活発にして原子炉の出力を上げていきます。

(2016年3月掲載)

他のワードで検索する

ページ先頭へ
サイトマップを閉じる

原子力情報