原子力発電所の安全対策基本思想
安全対策の概要

重要な安全機能を、「設備面」と「運用面」の両面から強化してまいります。

設備面の対策

深層防護(事故の進展に応じた対策を用意)の考え方に基づき、各層毎に設備の「@強化」「A多様化」「B多重化」を最適に組み合わせ、安全対策に厚みを加えていきます。特に、地震・津波に対する耐性強化と、対策の「多様化」を重視しております。

運用面の対策

設備面の対策の確実な実行を担保するため、「@組織体制・マネジメント」をベースに、「A手順書」「B人材」「C教育・訓練」からなる運用面の対策を継続的に定着・進化させていきます。

設備面・運用面の対策
安全対策の概要
  • 女川原子力発電所の安全対策実施状況
  • 東通原子力発電所の安全対策実施状況
ページ先頭へ
サイトマップを閉じる

原子力情報