なぜ原子力発電を使うの?

エネルギー資源が少ない日本において、
原子力発電は、今後も重要な電源の一つです。

原子力発電で使うウランは、11gで家庭一年分の電気をまかなうことができます

原子力発電のウラン燃料は、約11gで家庭の1年間分の電気をまかなうことができます。
このように、ウラン燃料はエネルギー密度が高く、一度原子炉に燃料を入れると取り替えなしで1年間発電することが可能です。

一般家庭1年分の電気を発電するために必要な燃料
ページ先頭へ

原子力発電は、発電時にCO2を排出しません

火力発電は石炭・石油・天然ガスなどの化石燃料を燃やし、その熱エネルギーを利用して発電を行っているため、発電の過程でCO2を排出します。
一方、原子力発電は、ウラン燃料が核分裂したときに発生する熱を利用して発電しているため、太陽光発電や風力発電と同じように、発電時にCO2を排出しません。地球温暖化防止の観点で、優れた発電方法の一つです。

各種電源のCO2排出量
ページ先頭へ

他の発電方法と比べて原子力の発電コストは遜色ないレベルです

原子力の発電コストは他の発電方法と比べても遜色ない水準です。
また、発電コストに占める燃料費の割合が小さいため、燃料価格の変動による影響を受けにくい電源と言えます。

各電源の1kWhあたりの発電コスト
ページ先頭へ
サイトマップを閉じる

原子力情報