なぜ原子力発電を使うの?

日本はエネルギー資源の大半を
輸入に頼っています。

日本のエネルギー自給率は6%

日本の食料自給率は約40%と低いのですが、エネルギー自給率はさらに低く、約6%しかありません。発電に必要なエネルギー資源(石油、石炭、天然ガス、ウランなど)のほとんどを、海外からの輸入に頼っています。

主要国のエネルギー自給率(2013年)
ページ先頭へ

世界中からエネルギー資源を輸入しています

エネルギー資源の輸入には、 価格高騰のリスクや、紛争などで資源が届かなくなるリスクがあります。 そのため、 一つの資源に頼らず、 調達先を分散するなどして、 できるだけリスクを小さくしています。

世界中からエネルギー資源を輸入
ページ先頭へ

燃料となるエネルギー資源には限りがあります

エネルギー資源には限りがあります。また、世界のエネルギー消費量(一次エネルギー)は人口増加や経済成長とともに増加を続けており、経済成長の著しい新興国を中心に、限りある資源の獲得競争が激しくなってくると予想されています。このために、エネルギー資源を安定的に入手することが重要となります。

エネルギー資源の確認埋蔵量
ページ先頭へ
サイトマップを閉じる

原子力情報